ビルトインガレージは作るべき?メリットとデメリットを紹介

ビルトインガレージを知らないという人も多いのではないでしょうか。一般的な戸建てとは違う構造になっていますが、夢のあるスペースにすることも、実用的なスペースにすることもできるためとても魅力的な住宅になります。

詳しく見ていきましょう。

ビルドインガレージとは?

ビルトインガレージとは、建物内部に車やバイクなどを駐車するスペースを確保した住宅のことです。建物の一部分もしくは、一階部分全てをガレージとして使用します。

愛車をインテリアとして眺めて楽しんだり、安心して駐車することができる、車やバイク好きの方には夢のあるスペースです。一方で費用がかかるなどのデメリットあります。

ビルトインガレージのメリットとデメリット

ビルドインガレージのメリット、デメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

ビルトインガレージのメリット

①趣味の空間として楽しめる
愛車をインテリアとして近くで眺めて楽しんだり、作業するためのための工場(こうば)として利用したりできるため車やバイク好きの方にとってはワクワクするスペースになります。

②駐車スペースを確保できる
特に都市部では土地が狭いため駐車スペースが確保できない場合があります。近くの駐車場を借りるよりもコストがかからない場合や、便利さを考慮して自分の家の敷地内に車を置きたい場合は、ビルトインガレージがおすすめです。

③乗り降りや荷物を運ぶことが楽になる
建物の中に駐車できるので雨にあたることなく家の中に入ることができます。また、重い荷物を運ぶ際や介護などで人を誘導する際も、距離が短くなるため楽になります。

④車を守ることが出来る
駐車スペースが壁に囲まれているため強い雨や風からも車を守ることができます。雪や台風が多い地域でも安心して駐車することができます。またシャッターがついている場合、盗難やいたずらなどのトラブルを回避できて安心です。

⑤固定資産税が安くなる
ビルトインガレージがない住宅よりも固定資産税が安くなる場合があります。理由は、建物全体の延床面積のうち、ビルトインガレージの床面積が5分の1までなら、そのスペースは固定資産税の対象にはならないためです。大きい家でも固定資産税がお得になる可能性があるのでぜひ知っておきたい知識です。

ビルトインガレージのデメリット

①排気ガス、騒音問題
構造上、密閉した空間になるため排気ガスがたまりやすいです。換気扇をつけたり、換気しやすいよう窓をつけたり工夫が必要です。また、建物の1階部分にあるため騒音や振動が伝わる可能性があります。エンジン以外にもシャッターの開閉の音も気になるとの意見も。

深夜や早朝など、時間帯によっては家族に配慮したほうが良いこともあります。リビングや寝室の位置などを設計の際に考慮するようにしましょう。

②コストがかかる
一般的な一戸建てとは構造が変わるためコストがかかります。また、ビルトインガレージ部分は開口部が広くなるため耐久性の対策を行う必要もあります。近隣に駐車場を借りる場合も費用がかかるので、長期的に見るとどちらのほうがお得かを考えてみましょう。

③生活スペースの間取りの自由度が下がる
・1階部分の人の生活スペースが限られる
・一般的に1階にあるリビングやダイニング、浴室が2階にいくことになる
・騒音問題から寝室はビルトインガレージから離れた場所に設置したほうがよい

などの理由から間取りの自由が下がる可能性があります。何に重点をおくか、家族と相談しながら決めていきましょう。

ビルドインガレージを作る際の注意点

先のことを考えて広さを決める

家が出来上がった後、愛車のサイズを大きくしたり台数を増やすことはできなくなってしまいます。将来的に家計に余裕が出来れば、大きい車がほしくなったり、台数を増やしたくなることはよくあります。

そのため、可能であれば最大の大きさを考えておくとよいでしょう。

しかし、固定資産税を安くするためには延床面積の5分の1までの広さにしなければなりません。この点も注意するようにしましょう。

・ビルトインガレージで何をするかを考える

洗車をするのであれば水道、キャンプなどのアウトドア用品を置くスペース、作業するのであればエアコン、などビルトインガレージを作る目的をしっかりと考えて設備を設置することが必要です。

・生活しやすい導線を考える

駐車してからすぐに家の中に入るためにはビルトインガレージの中に玄関を作っておくと便利です。導線が狭すぎると荷物の持ち運びなど大変になるのでできるだけ広めの導線を確保して生活しやすいようにしましょう。

まとめ

愛車を安全に守ることはでき、生活しやすくなるビルトインガレージはとっても魅力的ですね。車好きの方はぜひ取り入れたい設備だと思います。楽しみをとるのか、実用性をとるのか、コストをとるのかでビルトインガレージを設置すべきかどうか、どのような作りにするか、など全く違う答えになってきます。

今の状態だけではなく未来も見据えて、ゆっくり時間をかけて検討するようにしましょう。