【注文住宅】配線やコンセントはどこに設置するべき?

「え、コンセント使えないじゃん…。」家具を設置したら裏に隠れたコンセントを見て絶望した経験は賃貸住宅でもあったのではないでしょうか?せっかく建てた注文住宅であっても同じような経験をしている人は多くいます。なぜコンセントの配置で失敗をしてしまうのか、注文住宅の配線やコンセントの注意点、オススメの設置位置まで紹介します。

コンセント設置や配線計画の失敗例

やっと建てた注文住宅だったのに・・・。設計士が作った電気配線図を見て安心したのですが、実際に生活を始めてからコンセントの位置に失敗したという方は多くいます。設計士は住宅の構造や法令にあわせて正しくコンセントを設置していますが、居住者の生活スタイルにあわせて全てを設計しているわけではありません

自分たちの生活スタイルを知るのは自分たち以外にはいないため、設計士の作った電気配線図をそのまま採用するのはやめましょう。自分たちの生活を想像してから意見をまとめて伝えることが大切です。

その他にも失敗例が多くあげられています
・家具を置いたらコンセントが使えなくなった
・引出しをあけたら毎回コンセントとぶつかる
・テレビ周りやPC周りのコンセントが足りずに増設タップを使っている
・コンセントの高さが合わずスマホが充電しにくい
・外で使えるコンセントがない

多くの方が失敗を経験しているコンセント配置ですが、どうぞ安心してください。

これから紹介するチェックポイントさえ守っていれば、憧れの注文住宅のコンセントで困ることはなくなりますよ。全てチェックをして実際の生活にあわせたコンセント事情を確認していきましょう

 

コンセント設置で失敗しないための注意点

コンセントの設置には、実際に生活する自分たちの家具や家電を間取り図に配置してチェックしましょう。実際の生活もシュミレーションしなければスマホのコンセント位置に不安が出たり増設タップに頼るしかない状態になったりしやすくなります。

失敗しないためのチェック項目を挙げているのですべてチェックしておきましょう。
・今使っている家具や家電をすべてピックアップ
・冬物、夏物の季節家電をすべてピックアップ
・間取り図に全ての家具や家電を配置
・掃除機のような日常使いの家電をすべての部屋に配置
・クローゼットやトイレなど普段意識しない部屋もチェック
・子ども用品などの未来の家具・家電を予想
・余裕をもってひとつ多くコンセントを設置しておく

 

特に気になるのは将来の子どもが増えた時の事を考えているかですね。ベビーベッドの置く位置、走り回る幼児に触られたくない家電の設置位置など意識しておきたいところです。

子ども部屋に多めのコンセントが設置していたらスマホや家電、PCを使い始めた中学生ごろに子どもから感謝されること間違いないでしょう。

使うか分からないけど付けていたコンセントが意外な形で役に立ったという話も聞きますね。クローゼットの中のコンセントでダイソンの充電スタンドをクローゼットに隠せてよかったという話も聞くので意外な活躍を見せてくれますよ。

おすすめのコンセント設置位置

家具や家電の配置のチェックが完了したら、日常生活に合わせて高さを調整したり設置位置を考えたりするのがいいです。

各部屋にひとつは設置したいのが掃除機用のコンセントです。自分が持っている掃除機の可動域を確認して、全部屋掃除機で問題なく掃除できるようにしておくと良いでしょう。

日常生活の動作を考えながら設置することで後悔しない注文住宅に近づけることができます。

特に意識したいポイントをまとめておきます。
・掃除機のコンセントが差しやすい位置
・目安は6畳で9個、8畳で12個、10畳で15個
・3口のタイプを取り付ける
・TV裏やPC裏のコンセントは6口以上がオススメ

実際に生活を始めるとコンセントの口数が足りないと気付く事が多いので多めに配置しておくことで失敗しにくくなります。台所のケトル用、屋外のアクティビティ用のコンセントなども忘れずにチェックしましょう。

ダイニングテーブルと相性のいい位置やトイレに2ヶ所の電源を設置したり、クローゼット内のコンセントを設置したりすることで、あとになって意外な活躍を見せるコンセントの話も多く聞きます。

テレビ周りは本当にコンセントの数が多くなります。TV、レコーダ用HDD、ゲーム機、シアターバーなどなど今は賃貸で少なくてもTVボードを設置してからTVボード周りに様々な家電が集まりやすくなります。多めに設置することで後悔は減りますよ。

まとめ

住宅を建てるのは人生に一度の選択になるのが一般的だと思います。

失敗したと思ってもあとからコンセントを追加するのは難しいので、過去に失敗した人の経験から学び、自分たちの生活にあわせた快適な注文住宅を手に入れることができます。

電気設備は難しいからと設計士任せにするのだけはやめましょう