【2021年02月更新】アースホームの坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページではアースホームの坪単価に関する情報を掲載しています。

アースホームの概要

アースホームは、埼玉県所沢市に拠点を構える注文住宅会社です。対応エリアは店舗のある所沢を中心に、埼玉県や東京都でも施工を行っています。アレルギーでお困りの方に配慮した家づくりをコンセプトに、手に触れる箇所はすべて本物の自然素材を使った住宅を提供しています。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

アースホームの施工例

アースホームの施工例をご紹介します。
こちらでは2件のみ掲載していますが、アースホームのホームページではデザイン性にこだわった住宅や光熱費0円の住宅など様々なものが紹介されているので、気になる方はそちらもチェックしてみてくださいね。

ブルックリン×カリフォルニア

ブルックリンのイメージ
https://www.ichiri.co.jp/

ご主人はカリフォルニアの西海岸風にしたい、奥様はブルックリンのカフェ風にしたいという、2人の希望をミックスさせたデザインが特徴的な住宅です。

芝生を敷いた庭やシンボルツリーのココヤシなど外観から南国風に仕上げ、真っ白な外壁もリゾート感があふれています。
子ども2人と4人家族の家庭なので、たっぷり収納を備えたり家事動線を考慮したりと、機能面にもこだわっています。
また、光熱費の負担を減らせるよう、断熱材やサッシにも高品質なものをセレクト。太陽光発電も導入しています。

パパ・ママが安心して暮らせる家

パパママのイメージ
https://www.ichiri.co.jp/

子育て真っ最中のご夫婦が住む住宅事例です。

安心して家事や子育てができる家づくりをコンセプトに、子どものおもちゃがすっきり片付けられるたっぷりの収納や調理中でも子どもの様子が見える対面キッチンを設置。また、少しでも家事の負担を減らせるよう食洗機や浴室感想暖房機を取り付けています。
断熱性や気密性の高い吹き付け断熱を採用し、光熱費の節約も考慮。エアコン1台だけで家全体で快適な室温を保つことができます。

メーカーの特徴

アレルギーの方も安心の自然素材を使った家

アースホームでは、アレルギーの方でも安心して暮らせる自然素材を使った家づくりを行っています。
他社の注文住宅会社でも自然素材を使用した家を提供しているところはたくさんありますが、アースホームでは壁、天井、押入れの中など、手に触れる部分すべてに自然素材を使うというのが特徴です。

一般的な建材には化学製品を使った糊やボンドが含まれているため、シックハウス症候群を引き起こす恐れがありますが、自然素材にはシックハウスの原因となる素材が使われておらず、子育て世代でも安心して住むことができます

アースホームで主に使われている自然素材は下記の通りです。

国産の無垢材

無垢材は、木から1枚の板として切り出して使用する木材で、フローリングなどに使われることが多い素材です。
一般的な合板フローリングは複数の板をつなぎ合わせるために化学物質が含まれた接着剤が使われていることもありますが、アースホームでは接着剤も天然由来のものを使用しているため、シックハウスを起こす危険がありません。
また、木本来の木目や時が経つにつれて変化する色味を楽しむことができるのも無垢材の特徴です。

海外から輸入した無垢材では、害虫や細菌を殺すために消毒を行っています。
床や天井、壁に使用する無垢材は、無農薬の国産材を使うことでより安全性が高まるでしょう。

天然和紙の塗り壁

天然和紙の塗り壁は、光触媒の作用により太陽や蛍光灯などの光が当たると有害な空気を炭酸ガスと水分に分解してくれる天然の空気清浄機の機能を果たします。
そのためシックハウスの原因とされる化学物質を含んだ空気をきれいにしてくれる効果があります。

琉球の塗り壁

琉球の塗り壁は、沖縄産の自然素材と消石灰(しっくい)をFC材(イオン結合促進剤)により固めた内装材です。
有害物質を発生せず、臭いもないため快適な室内空間にぴったりです。

食品接着剤「ノリピタ」

食品接着剤「ノリピタ」はお米から造った素材なので赤ちゃんが舐めても大丈夫なくらい安全です。
さらに強度は木工ボンドの4倍~7倍あり、安全性と機能性を兼ね備えた接着剤となっています。

コットンの壁紙

コットンをはじめ、麻や絹などを使った布壁紙は、薬品処理をせず使用しています。

土地探しから住宅ローンの相談もOK

注文住宅を建てるには、まず土地が必要になります。すでに所有している場合は問題ありませんが、まだ所有していない場合は不動産業者に依頼して購入する必要があります。
また、住宅ローンを利用する場合も銀行やファイナンシャルプランナーなどに相談して資金計画を立てる必要があります。

アースホームでは、土地探しや住宅ローンの相談も対応しているため、個々に依頼する手間がかからず、一貫したプランニングが可能となっています。

家具を含めたトータルコーディネートの提案

アースホームでは、間取り設計する段階で家具を含めたトータルコーディネートも可能です。
新築施工といっしょに家具を購入すると割引の特典も利用OK。住宅ローンに組み込むこともできるので、「せっかくなら家のデザインと合った家具に買い替えよう」と思っている方はぜひ相談してみてくださいね。

家の性能

アースホームの家の性能についてはどうでしょうか。

ZEH(ゼッチ)対応

アースホームではZEH(ゼッチ)にも対応しています。

ZEHとは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称で、高気密・高断熱な家、省エネ設備・創エネ設備、暮らしの工夫によって使うエネルギーよりもつくるエネルギーを大きくし、年間の一次消費エネルギー(空調・給湯・照明・換気)の収支0を目指す住宅です。

家の断熱性を高めるため、アースホームでは「SW(スーパーウォール)工法」を採用しています。
日本の木造住宅は、柱と梁による「線」の構造で家を支える「木造軸組工法」が主流ですが、SW工法は耐震性能を持つパネルを貼り付けて、壁全体で家を支える「面」の構造となっているのが特徴です。
「面」で家全体を囲むため、断熱性・気密性・耐震性のいずれも優れた性能を発揮し、さらに高断熱サッシを採用することで窓からの熱放出も防止しやすい構造になっています。

「面」で囲まれたSW工法の家は、外部との寒暖差で結露ができやすいのが欠点。そこで計画換気システムを取り入れることで結露を防ぎ、カビやダニの発生、木材の劣化防止などの対策を行っています。

現場発泡断熱材「アクアフォーム」を採用

家の断熱材には現場発泡断熱材「アクアフォーム」を採用しています。
アクアフォームは硬質ウレタンフォームを水を使って発泡させた断熱材で、複雑な構造でも隙間なくぴったりと密着させることで高い断熱性と気密性を発揮します。
長期間劣化せず安定した断熱性を保てるほか、遮音にも効果的。
シックハウスの原因となる化学物質は使われておらず、オゾン層の破壊物質であるフロンも使用しないため、人と環境にやさしい断熱材となっています。

アースホームを選ぶメリット

同じ予算でワンランク上の家が建てられる

アースホームでは「同じ予算で建てるならワンランク上の家を建てる」というコンセプトで家づくりを行っています。
他社ではテレビCMの放映や住宅展示場の運営といった販促費まで住宅建築の費用にかかってしまいますが、アースホームでは極力無駄なコストを削減し、適正な価格で注文住宅を提供できる業務体系を心がけています。

具体的には下記のようなコストカットを実施しています。
・お金のかかる広告や展示場は持たない
・全国8000社の工務店ネットワークで情報を集め、適正な仕入れ値を調べて購入する
・現場作業での無駄をなくすことで、大工さんや職人さんの人件費を削減

安心のアフターメンテナンスプログラム

家は住み始めてからが本番。適切なメンテナンスを行うことで家の寿命がのび、長く安全に暮らすことができます。
アースホームでは竣工した家は必ず定期訪問し点検を実施しています。
新築引き渡し後の1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、以後1年おきに10年後まで定期点検を行います。
建物を維持するためのアドバイスや、不具合があればその場で修繕、気になる点があれば相談もできるので安心ですね。

リフォーム・リノベーションにも対応

家は住み続けているうちに、老朽化や地震などのダメージにより、リフォームが必要になります。
アースホームでは新築の建築だけでなく、リフォームも対応しています
家を建ててもらった同じ業者であれば、配線・配管など家の構造を知り尽くしており、家を傷つける心配もなく安心ですね。

また、老朽化と関係なく「こんな間取りに変更したい」「内装デザインを一新したい」などリノベーションをする際も相談可能となっています。

アースホームのデメリット

坪単価や家の価格は不明

坪単価や家の価格は、注文住宅会社を選ぶ上で一番チェックしたいポイントの1つですよね。
アースホームのホームページを確認したところ、坪単価や参考価格は残念ながら確認できませんでした
気になる方はホームページから直接問い合わせてみてくださいね。

会社情報

会社名 株式会社市理
ブランド名 アースホーム
本社住所 359-1104
埼玉県所沢市榎町8-12市理ビル
創業 1856年(安政3年)
資本金 1000万円
従業員数 4人
HP https://www.ichiri.co.jp/

この会社の対応エリア

埼玉県(所沢市、入間市、狭山市、飯能市、川越市、坂戸市、ふじみ野市、富士見市、志木市、新座市、朝霞市、和光市、さいたま市、鶴ヶ島市、日高市)

東京都(東村山市、東大和市、武蔵村山市、羽村市、あきる野市、福生市、昭島市、立川市、小平市、国分寺市、西東京市、東久留米市、清瀬市、八王子市、日野市、府中市、調布市、多摩市)


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク