【2021年01月更新】アイフルホームの坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページではアイフルホームの坪単価に関する情報を掲載しています。

アイフルホーム概要

アイフルホームは、「株式会社LIXIL住宅研究所」を本部とするフランチャイズのハウスメーカーです。フランチャイズシステムだからこそ、工務店とハウスメーカーそれぞれの強みを兼ね備え、高い商品企画力を持ちながらコストカットも可能。「災害から家族の命を守る家」をコンセプトの1つとして掲げ、火災と地震に強い家を設計してもらうことができます。フランチャイズの先駆けハウスメーカーとして、全国約200店舗の代理店があります。

アイフルホームの坪単価

アイフルホームの坪単価は25万円~65万円程度とされています。
アイフルホームの人気商品は坪単価が50万円前後となっています。

日本で家を建てる平均的な坪数は約43坪といわれていますので、アイフルホームで平均的な家を建てるとだいたい2,150万円以上の費用になります。この費用にオプションや住宅ローン等が加わってきますので約2,500万円の費用が必要になると考えておいた方が良いでしょう。アイフルホームの坪単価は、大手ハウスメーカーと比べると低めの坪単価となっています。

アイフルホームの坪単価が低い理由

アイフルホームはハウスメーカーとしてフランチャイズ経営を行う先駆けとなっている会社です。日本ではコンビニでも普及しているシステムで、本部が商品管理を行うことで、すべての加盟店が同じ品質の同じ商品を、同じ価格で提供できるという仕組みです。

この仕組みにより工務店との間に発生する中間マージンを削減。また、仕入れの際にアイフルホームを運営しているLIXILから直接買い付けることができるので余計なコストを発生させません。この2つのコストカットと、シンプルなデザインだからこその大量仕入れによって、低い坪単価での提供が実現しています。

最安の坪単価が25万円のカラクリ

ローコストを謳うハウスメーカーは多いですが、坪単価25万円というのはその中でも破格の低価格です。この圧倒的ローコストのカラクリはネット限定の住宅商品という点にあります。アイフルホームが提供する商品の1つであるi-Primeはモデルハウスを持たず、営業もありません。そのため、そこで発生するさまざまなコストが一切かからないのです。

また、外観やプラン、仕様などもすべてインターネット上でのカスタマイズ。一般的な注文住宅にかかる広告費用や人件費などを一切出さないため、ここまでローコストの住宅が実現しています。本体価格1,000万円程度で家を建てられるので、別荘として家を建てる人もいるほどです。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

商品毎の坪単価

アイフルホームの人気商品毎の坪単価と特徴を紹介します。

セシボ零/極の坪単価

セシボ零/極の坪単価は40万円~60万円となっています。

アイフルホームはセシボシリーズとして3種類(零・極・爽)販売しており、零と極はその中の2つです。ともに断熱性能に優れており、「セシボ零」は高気密高断熱性能「セシボ極」はZEH基準超の高い断熱性能を誇ります。今建てた家が未来までいい家であり続けるようにというミライリッチをコンセプトとしており、完全な自由設計とまではいきませんがライフスアイルに合わせた自由設計をすることができます。

セシボ爽の坪単価

セシボ爽の坪単価は40万円~50万円となっています。

セシボ爽も名前のとおり、前述のセシボ零/極と同様のセシボシリーズです。ほかのセシボシリーズと比較して最もリーズナブルな商品となっておりますが、モノコック構造による耐震等級3相当の高い耐震性と、断熱性を備えているのでコストパフォーマンスは高いです。高い断熱性から、家の中の温度差が大きい冬に起こりがちなヒートショックのリスクを軽減してくれます。そのため、高齢の方や老後のことを考えても安心して暮らせる家になるよう設計されています。

シンプルライフ(Simple Life)の坪単価

シンプルライフの坪単価は40万円~45万円となっています。

「自分スタイルで、賢く暮らす」をテーマに、全19種類のプランが用意されています。「スキップフロアのある暮らし」「中庭のある暮らし」「見晴らしリビングのある暮らし」「輪に寄り添う暮らし」「インナーデッキのある暮らし」をメインにピックアップされており、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが可能です。

セミオーダー商品となっていることからローコストとなっており、ミニマリストなどシンプルな生活を好む人が増えている世の中のトレンドにもぴったりです。モノがあふれる時代に、飾らない好きなものだけに囲まれた空間を提案してくれます。

AYAの坪単価

AYAの坪単価は45万円~65万円となっています。

AYAは平屋の商品となっており、平屋だからこそより近い距離で家族との時間を共有することができます。もちろんただの平屋ではなく、家族みんながつながりあって暮らせるようさまざまな工夫がされています。「人と自然と暮らしをつなげる」をコンセプトとしているため、外にはウッドデッキと庭も付いており、家庭菜園なども楽しむことができます。窓からは日光や風をたっぷり取り込む構造になっているので、まさに自然とつながる暮らしを提案してくれます。

ハッピーハーモニーの坪単価

ハッピーハーモニーの坪単価は45万円~55万円となっています。

スプリームは「空間(そら)を楽しみ、夢を育む家」をコンセプトにした3階建ての商品で、ゆとりのある空間を大切にしています。限られた敷地でもゆとりのある空間を実現することができ、3階ならではのスカイバルコニーが付いているのが大きな特徴です。

スカイバルコニーがあることで、自宅にいながらも外で人の目を気にすることなくランチやディナーを楽しむことが可能で、日々の暮らしを豊かで健やかになるような家づくりを提案してくれます。

アイフルホームの特徴

アイフルホームの特徴を見てみましょう。
子供目線で考えられたキッズデザイン

アイフルホームの商品の大きな特徴として、子育て世代も納得のキッズデザインがあります。小さな子供は活発に動きまわるので微笑ましい反面、心配なことも多いでしょう。

そんな子供にも大人にも優しい子供目線の「キッズセーフティ」が採用されており、ドアにブレーキがかかりながら閉まる「Wソフトモーション引戸」や、万が一階段で転んでもケガを軽減する「滑り止めクッション付き階段」、室内の壁から角をなくす「R出隅加工」などの工夫が施されています。2008年から「キッズデザイン賞」も受賞している実績もあるので、まさに子育て世代も納得のキッズデザインです。

フランチャイズだからこそのローコスト

一般的にハウスメーカーは直接家を建てるわけではなく、工務店に依頼している場合が多く、この取引の間にマージンが発生することからお客様の負担する費用が高くなってしまうという面があります。このコストを削減するために、アイフルホームは工務店とフランチャイズ契約を締結。ここでも両者の間にフランチャイズ契約料は発生してしまいますが、ハウスメーカーのマージンと比較するとコストダウンしているので、その分ローコストでの提供が可能となっています。

もう1つ、LIXILグループの一員であることもコストダウンに大きくかかわっています。総合的な住宅関連事業を展開するLIXILグループの一員として関連ブランドから建材や設備を仕入れることにより、一般的なハウスメーカーの仕入れと比べて大きくコストダウンすることが可能です。また、住宅展示場がないネット限定商品の取り扱いという試みにより、経費を最大限削減することで坪単価を20万円台まで下げるという圧倒的なローコストも実現しています。

おおもとであるLIXILの住宅設備

前述のとおり、アイフルホームはLIXILが運営するハウスメーカーなので、住宅関連事業を展開するLIXILグループの恩恵を最大限受けることができます。LIXILのシステムキッチンやバスルームは人気で、別料金でつけてもらうという家庭も多い中、アイフルホームでは最初からLIXILの商品を選択することが可能です。

豊富なカラーバリエーションもある人気のLIXIL最新設備を安く選択すことができるのはアイフルホームならではの特徴でしょう。

アイフルホームの性能

アイフルホームの家の性能についてはどうでしょうか。

耐震等級3相当の耐震性能

アイフルホームは、地盤調査に基づいた基礎計画、構造強度を決める建築材基準、セル合基準、構造基準を高い基準で定めており、クリアするためにそれぞれ高い技術で工夫を施しています。

グランドスクラム構法による高い耐震性能に加え、次世代制振システムのEVASを採用することで、物の変形量が一般住宅比で1/2まで低減。家自体が丸ごと制振装置となっているので繰り返しの地震にも強いです。

実際に、全壊・半壊合わせて20万以上の住宅が損壊した阪神淡路大震災のなかでも、アイフルホームの住宅は少しの損傷はあれど全棟無事だったという実績があります。当時よりもさらに技術が進み進化した耐震性能には大きく期待することができるでしょう。

耐火性能について

「火災と地震に強い家」を謳うアイフルホームの住宅は耐火性能も高い水準となっています。建築基準法に定められる「省令準耐火構造」が採用されており、これは「準耐火構造」に準ずる耐火構造です。

「省令準耐火構造」は何がいいのかというと、要所に石膏ボードが設置されていることで火災時に火の回りが遅くなり、避難するための時間を確保することができます。また外部からの火ももらいにくくなっており、火災時のリスクを軽減することが可能です。耐火性能を備えていない住宅と比較して、火災時のリスクが低いということから火災保険料も割安となっています。しかし商品仕様によっては、アレンジ対応となってしまうので事前に確認しておきましょう。

エコシステムについて

アイフルホームは「パッシブエコの家」として、「風」「光」「水」「熱」といった自然の恵みをうまく利用して暮らすことができます。

まず「風」の利用については家の中に高窓と地窓を設置し、その間で空気が遮断されないよう通風スリットを創ることで、上から下へ空気の性質を大いに利用した自然の温度差換気システムができます。「光」利用は、冬は日照時間が少ないこともあり家の中も暗くなりがちですが、南側の軒の出を大きくすることにより冬の日差しを積極的に採光。夏の日差しは遮りつつ、寒い冬は家の奥まで日差しを取り込むことが可能です。

そして室内の暮らしで快適さを奪う要因の1つが室温。アイフルホームの家は「熱」をコントロールする工夫によって季節に応じた温度をコントロール。外気に触れる部分の断熱性を上げることで外の気温をシャットアウトし、室内の空気は外に逃がさないように気密性を高めることで冷暖房の無駄使いを削減します。

アイフルホームを選ぶメリット

ローコストで家が建てられる

アイフルホーム最大のメリットはフランチャイズシステムによる中間マージンの削減と、LIXILグループの一員であることを最大限活用することによってローコストで家を建てることができるという点です。

ローコストと聞くとやはり質も低いのではと疑ってしまう人は多いですが、質を下げることによってのコスト削減ではなく、間に発生するさまざまなコストの徹底削減によるコスト削減を実現しているので、極めて高い品質とまではいかずとも、十分に品質の高い材料によって設計されています。実際に力を入れている耐震技術は前述したとおり、阪神淡路大震災で1棟も半壊・全壊していないという実績があります。

LIXILの住宅設備を安くつけられる

家を建てるのが決まると間取りだけでなく、キッチンやバスルームなどの日常的に使う設備にこだわりたいという人も多いでしょう。しかし一般的な住宅会社は、コストダウンのためにベーシックグレードかミドルグレードの設備までしか選ぶことができないのが普通で、少し贅沢なハイグレード設備をつけようとすると、オプション扱いとなり金額が跳ね上がってしまいます。

その点、LIXILグループの一員であるアイフルホームは最高級のハイグレード設備であっても、独自の仕入れ力で安く手に入れることができるので、顧客の手が届く価格で提供してくれます。

アイフルホームのデメリット

フランチャイズのため加盟店の質に左右される

アイフルホームは前述したようにフランチャイズシステムを採用しているハウスメーカーです。そのため個々の工務店と契約し、アイフルホームという看板を貸してるに過ぎないので、実際に家を建てるのはアイフルホームではなくアイフルホームが契約している工務店です。そのため、実際の建築や対応などは個々の加盟店の質により決まり、アイフルホームの対応に満足していても、加盟している工務店も同じレベルの対応をしてくれるとは限らないのです。

もちろん、対応の良い加盟店が多いとは思いますが、中には対応に不満が残る加盟店がいる可能性も0ではないので、フランチャイズシステムのデメリットとして挙げられるでしょう。近くに加盟店が複数ある場合は、いくつかの加盟店を訪問してそれぞれの対応を見てみるのもおすすめです。

自由度が低い

アイフルホームに限らず、ローコストのハウスメーカーにはよくあることですが、手間を省くことによってコスト削減しているので、自由度はあまり高くありません。あらかじめ決められたプランを組み合わせることで多少工夫することはできますが、選択肢はそれほど多くありません。仮にそこを曲げて自由に設計するとなった場合はオプション扱いになり値段が上がってしまうので、ローコストからは逸脱した価格になってしまうという可能性が高いです。

すべて自分好みに自由に設計したいという方は、おすすめできません。設計の自由度は低いですが、設備に関してはLIXILの最新設備を選ぶことができるので、設計には強いこだわりはない方にはおすすめです。

会社情報

会社名 株式会社LIXIL住宅研究所
ブランド名 アイフルホーム
本社情報 〒136-0071東京都江東区亀戸1-5-7錦糸町プライムタワー
創業 1985年
資本金 12億5,000万円
従業員数 非掲載
HP http://www.eyefulhome.jp/

この会社の対応エリア

・北海道
・東北地方(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)
・関東地方(栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)
・中部地方(新潟県、石川県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)
・近畿地方(滋賀県、大阪府、兵庫県、奈良県)
・中国地方(鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県)
・四国地方(徳島県、愛媛県、香川県、高知県)
・九州地方(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県)


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク