【2021年01月更新】フォーコンセプトの坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページではフォーコンセプトの坪単価に関する情報を掲載しています。

フォーコンセプト概要

フォーコンセプト「あなたのためのコンセプト」というブランド名の通り、理想の家を建築家がデザイン・プロデュースした「建築家とつくる家」を提供している注文住宅会社です。埼玉県、東京都の一部エリアを対応している地域密着型の会社で、フォーコンセプトを提供しているマックホームグループは地域トップクラスの年間施工実績を誇っています。

フォーコンセプトの坪単価

フォーコンセプトの坪単価は41万~57万円程度となっています。

大手のハウスメーカーでは坪単価80万~100万円程度かかってしまうところもあるので、比較的良心的な金額と言えます。一般的な日本の家の平均坪数43坪で建築したとすると大体1770万~2460万円程度建築にかかる計算になります。

坪単価は建築費用を延床面積で割って算出できますが、ハウスメーカーによっては屋外設備にかかる費用を建築費に含んでいないこともありますので注意が必要です。また、オプションの料金も追加でかかるため上記の金額からさらにプラスした金額になることを想定しておきましょう

詳しい坪数ごとの建築費の目安は下記の通りです。想定している予算に対してどの程度の広さになるか参考にしてみてください。広さにこだわらなければ1000万円台で建築が可能なことが予想されます。
・25坪の家の建築費:1030万~1430万円
・30坪の家の建築費:1230万~1710万円
・35坪の家の建築費:1440万~2000万円
・40坪の家の建築費:1640万~2280万円
・45坪の家の建築費:1850万~2570万円
・50坪の家の建築費:2050万~2850万円

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

商品毎の坪単価

フォーコンセプトの人気商品毎の坪単価と特徴を紹介します。

Style+(スタイルプラス)

Style+(スタイルプラス)の坪単価はホームページ上に記載されていませんでしたが、参考プランの4LDK+WIC(ウォークインクローゼット)の本体価格1530万円から算出した結果約51万円という金額になりました。

Style+(スタイルプラス)は「住まい方」をコンセプトに、下記7つのスタイルを提案するプランです。
・「スカイリビング」:屋上庭園でのアウトドアライフ
・「コートヤード」:秘密の中庭でのアウトドアライフ
・「ザ・ガレージ」:”ものづくり”を楽しむDIYライフ
・「スキップフロア」:空間をフル活用するムダナシライフ
・「ザ・ドマ」:半屋外空間によるフレキシブルライフ
・「バンガロー」:開放感を楽しめる平屋ライフ
・「ペットファースト」:ペット第一主義!ペットライフ

1つに限らず2つ選びたいという場合も組み合わせたプランが提案可能になっています。参考プランの4LDK+WIC(ウォークインクローゼット)の家はバルコニー付きとなっているため、「スカイリビング」スタイルを取り入れたプランと予想されます。

30.05坪の二階建ての家で、キッチン併設のパントリー(可動式の棚)や食器洗い乾燥機、浴室暖房乾燥機を完備しているほか家事動線を考慮した設計になっており、住みやすさにもこだわった住宅です。
ホームページには間取り図面が掲載されているので、気になる方はそちらもチェックしてみてください。

m-Fit(エムフィット)

m-Fit(エムフィット)の坪単価は、先ほどご紹介したStyle+(スタイルプラス)同様ホームページ上に記載はありませんでしたが、参考プラン3LDK+SC(シューズクローク)の本体価格1270万円から算出した結果約44万円という金額になりました。

m-Fit(エムフィット)は「予算・機能性・デザイン」の3つを追求したブランドです。
・予算:ツーランク上の仕様をお手頃価格でご提供。
・機能性:生活動線に着目した家事楽スタイル。
・デザイン:流行に流されないシンプル&スタイリッシュな定番デザイン。

専任の建築家が直接要望をヒアリングし、ぴったりなプランを提案してもらうことができます。

参考プランの3LDK+SC(シューズクローク)の家は29.05坪の二階建てで、SCは約2帖の広々とした間取りになっています。Style+(スタイルプラス)の参考プラン住宅とほぼ変わらない設備が揃っており、パントリー、浴室暖房乾燥機、食器洗い乾燥機、家事動線も考慮されています。

メーカーの特徴

建築家とつくる家

建築家が手掛けた家に住んでみたいという憧れはあっても、金銭面に不安があったり、ぴったりの建築家の探し方がわからないといったことからなかなか手が出せないという方も多いかと思います。
フォーコンセプトでは、まず担当者と家づくりについてスケジュールや予算などを相談した後に、ぴったりの建築家を紹介してもらうことができます。専任の建築家が決まったらお客様の要望を直接ヒアリングし、プランやデザインを提供してもらいます。

建築家がデザインした家は見た目重視で機能性にかけるというイメージが強い方も多いかと思いますが、家族が暮らしやすい家を実現するために、対話形式の「暮らしインタビュー」を実施して一人一人の要望をしっかりと反映できる体制を導入しています。

土地探しからアフターサポートまで対応

注文住宅を依頼する前に、まだ土地を持っていない方は土地探しからはじめる必要があります。フォーコンセプトでは地域密着ならではのネットワークを駆使し、常に土地情報も豊富にそろっているため、理想の家を実現するためにぴったりの土地を紹介してもらうことができます

家が完成し住み始めてからもしっかりとアフターサポートに対応しているので、土地探し→相談→建築家による住宅プロデュース→施工→アフターサポートまで一括で依頼できます。

自分で探した業者にそれぞれ依頼したいという方もいるかと思いますが、時間と手間をかけたくない方は一貫管理しているハウスメーカーを利用するのがおすすめです。

現代町屋の施工例あり

京都で見かける伝統的な日本家屋として有名な町屋ですが、フォーコンセプトでは町屋造りを取り入れた住宅の施工例があります。家の外観は一見普通の住宅のように見えますが、格子や軒裏、漆喰壁をモチーフにしたデザインが施されていて、「みせ」と呼ばれる居室は畳の間で再現しています。

高品質な建材を使用し、断熱や空調といった設備も完備しているため、現代・古来の暮らしやすさの工夫をどちらも取り入れた住宅となっています。ほかにはないオリジナルティのある家を建てたいという方や「日本家屋に憧れはあるけど実際住むまで踏み切れない」という方は、一度検討してみてはいかがでしょうか?

家の性能

フォーコンセプトでは「木造軸組パネル工法」と「プレウォール工法」の2種類の建築方法があるため、それぞれどのような性能があるのかご紹介していきます。

木造軸組パネル工法

「木造軸組パネル工法」は、柱と梁で骨組みをつくり、上からパネルを張りつける建築方法のことです。パネルを張りつけることで地震の強い揺れを面で支えることができ、力を全体に分散させることで耐震性が高くなるというメリットがあります。また、パネルで壁や床、天井など各所を覆うことで気密性・断熱性も高くなります。

断熱剤として現場発泡断熱材「アクアフォーム」や赤外線をカットする「アルミ遮熱材」を使用しているため、さらに高気密・高断熱な住宅になります。太陽光や外気の影響を受けにくく、エアコンなどの消費エネルギーを大幅にカットできるため、省エネ・光熱費の節約につながります。

・構造用集成材を使用
木材は1本1本強度にバラつきがありますが、集成材といってそれぞれの木材の割れや反り、含水率などを均一に整えてから接着した木材を使うことで強度が上がります。耐火性・耐久性・断熱性にも優れた木材なので住宅の建築用にぴったりです。

・剛床工法を採用
床は構造体と一体化した剛床工法を採用しています。横揺れやねじれに強く、地震や台風の際に床が受ける衝撃をおさえることができます。

・強靭な耐震ジョイント金物を採用
木と木を接合する構造用金物には、強靭な耐震ジョイント金物を採用しています。接合部には地震の揺れで大きな負荷がかかりますが、従来の木軸接合よりも平均2.5倍の強度を保ちます。

・外壁通気工法を採用
外壁や軒下などに換気口を設置し、通気層から室内の湿気や空気を排出できるよう外壁通気工法を採用しています。夏の熱い空気を外に逃がし、室内を快適な温度に保てるほか、湿気を外に逃がすことで家が傷みにくいというメリットがあります。

プレウォール工法

「プレウォール工法」は、柱と梁の構造部分と壁、床を一体にする建築方法です。耐震性・耐久性・断熱性に優れ、高温多湿な日本の気候にも合っているとされています。

プレウォール工法では、世界最高レベルの断熱性をもつフェノールフォームという断熱材で家全体を包み込むため、1年中快適な室温を保つことができます。また、フェノールフォームは湿気に強く内部結露も起きないため家が長持ちします。プレウォールの生産工場は公的機関が認めた工場で、高品質な建材を安定して供給しています。

フォーコンセプトを選ぶメリット

1500万円からデザイナーズ住宅が建てられる

建築家プロデュースの住宅と聞くと高額なイメージがありますが、フォーコンセプトでは1500万円からデザイナーズ住宅を建てることができます。立地や広さ、設備などによって金額も変わってくると思いますので、まずはどの程度の家が建てられるのか担当者に相談してみることをおすすめします。

コストパフォーマンスに優れる

土地探しから施工まで一貫対応しているフォーコンセプトでは、中間コストがかからず余計な出費がありません。プレウォール工法では高品質な建材を安定的に生産しているため納期延期などもなく、費用をおさえることができるでしょう。

一組一組の要望にしっかり寄り添った家づくり

先ほどご紹介したように、建築家が一組一組直接ヒアリングを行うので、プロのアドバイスを取り入れつつ要望をしっかり反映した住宅を建てることができます。自宅でアウトドアを楽しめるよう屋上庭園をつくりたい、ペットが心地よく住める家にしたい、予算をおさえつつ生活動線や収納など機能性の高さにこだわりたいなど、あなたのこだわりを相談してみてくださいね。

ホームページには施工事例も掲載されているので、そちらを参考にしてみてもよいでしょう。

フォーコンセプトのデメリット

担当者の質にバラつきがある可能性がある

フォーコンセプトの口コミを確認したところ、「営業マンが20代くらいと若く、経験が浅い人が担当になった」「伝えたことと違う施工をされた」という口コミが見受けられ、相談するタイミングによっては担当者の質にバラつきがある可能性があります

1つでも疑問や不安に思うことがあったらすぐに相談し、可能なら担当者を変更してもらうなど対処もらった方がよいでしょう。

会社情報

会社名 マックホーム株式会社
ブランド名 フォーコンセプト
本社住所 〒351-0022 埼玉県朝霞市東弁財3-16-5
創業 2002年3月
資本金 1億円
従業員数 79人
HP https://for-concept.jp/

この会社の対応エリア

埼玉県(朝霞市・志木市・和光市・新座市など)、東京都(練馬区・板橋区など)


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク