白馬の家の坪単価

こちらのページでは白馬の家の坪単価に関する情報を掲載しています。

白馬の家概要

白馬の家は、東京と埼玉でサービスを提供している注文住宅会社です。一生のうち半分以上の時間を過ごす家から人の生活を豊かにしたいというビジョンのもと、じっくりヒアリングを行い、細部までこだわった設計を行っています。注文建築受注のための営業担当がおらず、相談担当はずべて建築士が担っています。専門知識と経験豊富なスタッフがチームとなって施工を担当し、耐震性や断熱性に優れた住宅が特徴です。

白馬の家の坪単価

白馬の家の坪単価は60万~85万円程度となっています。

一般的に日本で家を建てたときの平均坪数は43坪といわれていますので、上記の坪単価で家を建てた場合2500万~3500万円程度かかるということになります。この金額にオプションや住宅ローンにかかる金額も加わります。

注意点として、坪単価の算出方法はハウスメーカーごとに統一のルールがなく、同じ坪単価であっても全体にかかる費用が異なる場合があるという点です。一般的には延床面積を建築費用で割るという算出方法になりますが、延床面積にはベランダや駐車スペースなどの屋外の面積が含まれていないため、実際にかかる費用は想定よりも高くなります

また、坪単価はキッチン、トイレ、バスといった設備のグレードや家のデザイン、建築資材、工法などによっても変動します。簡単に言うとハイグレードな設備をそろえて長寿命で個性的な形の家を建てると坪単価は高くなります。

全体にかかる正確な金額を調べるには、ハウスメーカーに問い合わせて見積もりを出してもらうのが確実でしょう。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

白馬の家の建築実例

白馬の家の建築実例をご紹介します。

1,000万円台で高性能な家

1,000万円台で高性能な家のイメージ
https://www.e-hakuba.com/hakubanoie/

埼玉県越谷市で建てられた二階建てのモデルハウスです。延床面積は29.55坪となっており、費用を抑えつつ高性能を追求した住宅となっています。

気密性・断熱性は高いままですが、家全体がシンプルな造りになっていて、外観はコンパクトなキューブ型になっています。お部屋の中には間仕切りを設置せず、収納も後付けの家具で補うことでコストをおさえています。こちらの家は坪数的にも広いわけではありませんが、間仕切りがないことで見渡せる範囲が広くなり、お部屋全体も広々とした印象を感じるでしょう。

子育てを第一に考えた家

子育てを第一に考えた家のイメージ
https://www.e-hakuba.com/hakubanoie/

埼玉県越谷市で建てられた二階建てのモデルハウスです。延床面積は29.55坪となっており、家族とコミュニケーションを取りやすいよう設計されているのが特徴です。

家の外観は薄いグレーを基調としていてシンプルで洗練された印象を感じます。お部屋の中は白とダークブランが基調となったシックな内装で、大人も子どもも居心地がよいデザインになっています。
リビンクから二階は吹き抜けになっていて、見通しがよい構造です。キッチンや洗面スペースも料理や洗濯など家事を行いながら子どもたちの様子をうかがえるよう考慮された設計になっているので、小さな子どものいるご家族も安心して暮らせる家となっています。

社員が建てた家

社員が建てた家のイメージ
https://www.e-hakuba.com/hakubanoie/

東京都府中市にある二階建ての住宅です。延床面積は30.15坪となっており、建築業界の人がどのような家を建てて住んでいるのか紹介するため、実際に居住している住宅を掲載しています。

外観はガルバリウム鋼板という黒い建材と木材を使ってスタイリッシュなデザインに仕上げており、駐車スペースもしっかりと確保しています。玄関に入ると土間と吹き抜けがあり、洋風テイストな内装ながら日本家屋のような和の雰囲気も感じるでしょう。お部屋は白を基調としたシンプルな内装ですが、窓や一部ドアのサッシ部分に黒を取り入れることでメリハリのある空間になっています。

猫と暮らす家

猫と暮らす家のイメージ
https://www.e-hakuba.com/hakubanoie/

東京都東村山市にある二階建ての住宅です。延床面積は42.7坪となっており、猫と暮らせる家を造ってほしいという要望を叶えた構造になっています。

リビングから二階までの吹き抜け部分に空中のキャットウォークを備え付け、自由に行き来できるよう設計されています。キャットウォークには転落防止のためすべり止めの加工も施されているので安心ですね。

お部屋はモノトーンで統一されたクールなデザインですが、猫をモチーフにした間接照明が各ポイントに設置されていて童話のような雰囲気を楽しめるでしょう。吹き抜けを大きくつくった分、一階と二階の間に収納スペースとしても使える居室があり、人が暮らしやすい工夫も施されている住宅です。

ぬくもりのいえ

ぬくもりのいえのイメージ
https://www.e-hakuba.com/hakubanoie/

東京都東大和市にある二階建ての住宅です。延床面積は59.55坪とかなり広い家で、家族3世代で住むための住宅になっています。

木の質感やぬくもりを感じる家を建ててほしいという要望通り、全体的に木材を使用し、視覚的にはもちろん香りも楽しめる内装です。ドアや取手などにも木材が使用されていて、細やかな部分までこだわりを感じるデザインになっています。高齢の方も安心して住めるようになるべく段差をなくしたバリアフリーな設計になっているのもポイントです。

メーカーの特徴

営業社員がおらず建築士が相談担当

注文建築受注のための社員がおらず、相談はすべて建築士が担当しています。知識がしっかりと身に付いた建築士に直接相談できるので、スピーディな提案が期待できます。また、お客様の要望をきちんと設計図に組み込めるよう、ヒアリングにじっくり時間をかけているのもポイントです。

介護・サービス付き高齢者向け住宅などのサービスも提供

注文住宅の建築だけでなく、介護やサービス付き高齢者向け住宅などのサービスも提供しています。社内には介護支援専門員・看護師などの資格を持つ社員がいるため、二世帯住宅や高齢者向けの注文住宅の相談でも有識者ならではの提案が期待できるでしょう。

ファイナンシャルプランナーに相談することができる

住宅の購入はとても大きな買い物です。住宅ローンや各種保険の加入なども必要になり、住宅購入を期にこれからの人生の計画を立てたりお金に関して考えることも多いでしょう。

白馬の家では提携しているファイナンシャルプランナーに無料で相談することができるので、最適な予算や住宅ローンの返済などについて、これからの人生計画も踏まえながらアドバイスしてもらうことができます。保険の知識と不動産や住宅ローンについてのどちらの知識も持ち合わせているファイナンシャルプランナーが担当するので、より的確なアドバイスをしてもらうことができます。

家の性能

白馬の家の性能についてはどうでしょうか。

すべての家が長期優良認定住宅

白馬の家では、全棟が長期優良認定住宅となっています。長期優良認定住宅とは、劣化対策や耐震性、維持管理のしやすさ、省エネルギー性能といった項目で一定の基準を満たすと認められた住宅のことです。通常の住宅よりも長寿命で大規模地震でもダメージを受けにくく、認定された家ならではの優遇を受けることができるというメリットもあります。

長期優良認定住宅が受けることができる優遇は主に下記の内容になります。
・所得税や固定資産税などの税の軽減
・補助金の支給
・地震保険の保険料割引
・住宅ローンの期間・金利の優遇

木造軸組工法を採用

日本の気候や風土にあっているとされる木造軸組工法で建築しています。日本で主流となっている工法で、日本では7~8割の家がこの工法で建築されています。

木造軸組工法のメリット・デメリットは下記の通りです。
・メリット:デザインや間取りの自由度が高い、増改築が行いやすい、比較的低コスト
・デメリット:大工さんの技量によって出来栄えが違う、構造計算または壁量計算(建物の安全性を算出する方法)や工事の監理監修を行わない場合強度に不安が残る場合がある(白馬の家では全棟構造計算を行っています。※構造計算についてはのちほどご説明しています)

トップクラスの断熱気密性能

白馬の家の住宅は、業界トップクラスの断熱性・気密性を誇る構造です。断熱性は断熱等性能等級4(住宅の性能を等級して表したもの)と最高位を獲得しており、気密性も非常に高い造りになっています。

「断熱性」とは家の外の熱を中に伝えにくくする性能のことで、「気密性」とは家の隙間をなるべくなくし、家の外の空気を中に入れない性能のことを指します。この2つの性能が高い住宅は、家の中の気温が均一になりやすく、外からの干渉を受けにくいので冷暖房の節約にもつながります。また、結露が発生しにくいため建材の劣化もしにくく、家が長持ちしやすいというメリットもあります。

白馬の家を選ぶメリット

土地探しから人生設計まで相談できる

住宅の設計や建築だけでなく、土地探しから相談OKなので、ほかの業者に依頼するコストや手間がかかりません。家を建てることだけ重視するのではなく、お客様に豊かな生活を提供するため、人生全体を通してプランを提案できるのも白馬の家ならではでしょう。

先にご紹介したように、保険や不動産、住宅ローンに精通した提携ファイナンシャルプランナーに無料相談ができるので、これからの人生も踏まえて注文住宅の相談したいという方は一度問い合わせてみるといいでしょう。

すべての家で構造計算を実施

木造建築では構造計算を行わないことも多いですが、白馬の家ではすべての家で構造計算を実施し、しっかりと建物の安全性を確認しています。構造計算とは、簡単に説明すると家全体の重さを計算し、地震や台風のときにどれだけの負荷がかかるか算出して建物の安全性を確認する方法です。

木造二階建てのほとんどの家は「壁量計算」という簡易的な確認をすればよいため、住宅によっては構造計算を行っていない場合もあります。白馬の家では木造二階建て以下の家であってもすべての建築物で構造計算を実施しています。

高品質な住宅を低コストで提供

白馬グループ間で可能な限り経費削減を行い、デザインや品質、仕様など納得できる金額で提供できるよう努めています。先の建築実例でご紹介したように、間仕切りを設置しない、収納を後付けの家具で補うといった様々な工夫でコストを抑えることもできますので、まずは予算や希望を相談してみることをおすすめします。

白馬の家のデメリット

対応地域が限定している

対応地域は東京と埼玉の最寄り店舗から1時間以内のエリアとかなり限定されています。それ以外のエリアで注文住宅を依頼したい場合は、その地域に対応しているか、全国エリアの施工が可能なハウスメーカーを探してみましょう。

長期優良認定住宅ならではのデメリットもある

さきほどご紹介した長期優良認定住宅ですが、認定されるための仕様が決まっているため、一般的な家よりも建築費用がかかったり、建築期間や申請にも時間がかかりやすいというデメリットがあります。住み始めてからも、認定を取り消されないために定期的に点検や補修が必要になるため、わずらわしさを感じる場合もあるでしょう。とはいえ、家の安全性を定期的にチェックすることは自分や家族のためにも大切なことです。点検が必要になることで予測できないリスクを回避できる可能性も高いので、少々手間でも必要なことと考えましょう。

会社情報

会社名 白馬グループ
ブランド名 白馬の家
本社住所 〒359-1124 埼玉県所沢市東住吉12-23 白馬ビルディング
創業 1992年
資本金 8,000万円
従業員数 279人
HP https://www.e-hakuba.com/hakubanoie/

この会社の対応エリア

最寄りの店舗より1時間以内でお伺いできる範囲

東京都

・城西地区(新宿区、中野区、杉並区、世田谷区、練馬区)
・多摩地区(国分寺市、小金井市、国立市、立川市、武蔵野市、三鷹市、小平市、東大和市、武蔵村山市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市、府中市、調布市、日野市)

埼玉県
・さいたま市(全域)
・県南部地区(川口市、蕨市、戸田市)・県央地区(上尾市、桶川市、北本市、鴻巣市、伊奈町)
・県西部地区(所沢市、入間市、狭山市、飯能市)
・県東部地区(越谷市、春日部市、草加市、八潮市、三郷市、吉川市、松伏町)
・利根地区(久喜市、白岡市、蓮田市、幸手市、宮代町、杉戸町)


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク