【2021年01月更新】ヒーロートレーディングの坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページではヒーロートレーディングの坪単価に関する情報を掲載しています。

ヒーロートレーディング概要

ヒーロートレーディングはドライウォールを専門とした注文住宅会社です。ドライウォールとは、アメリカの映画やドラマでよく見る、家の色のついた室内壁のことです。防火性が高く、高性能でおしゃれな室内壁にしたい方は一度ヒーロートレーディングに相談していみると良いでしょう。

ヒーロートレーディングの坪単価

家を建てるときの価格の指標として「坪単価」という言葉をよく使用します。坪単価とは一体どのようなものなのでしょうか。

坪単価とは家を建てるときにかかった金額の総額を建てた家の広さで割って出す価格のことです。

ひとつの家を建てるのにかかった金額を坪あたりで割って出した価格なので、40坪の立地面積の家を2000万円で建てた場合だと、2000(万円)÷40(坪)=50(万円)となり、家を建てた際の坪単価は50万円となります。

家を建てるときの価格の基準の目安になるのですが、一概に坪単価が高いから・安いからいいというものではありません

同じハウスメーカーで家を建てるのを頼むときにも、家に使う素材やキッチンや浴室のクオリティを高くしたり、オプションで高いグレードの製品を使う場合も全て家を建てるときの建築費用に加算されるため、建築するときの坪単価は上がっていきます。

また、狭い家と広い家でもキッチンやバスルームなどの必要な設備を同じもので使う場合、これらの設備は高額であるため狭い家の方が広い家よりも坪単価は高くなります。

家を買うときの価格の指標にはなりますが、坪単価だけを見て決めてしまうことはあまり得策ではありません

日本の新築一戸建ての平均坪単価は64万円となっています。

Hero Tradingの坪単価について

Hero Tradingの建築にかかる坪単価はどれくらいでしょうか。

Hero Tradingの坪単価は60万円〜70万円程度の家が多いようです。日本の新築一軒家の建築における平均価格が64万円なので平均前後くらいのミドルクラスの住宅に当てはまります。

Hero Tradingではどのような家を建てることができるのでしょうか。輸入住宅は通常の日本で建てている工法とは違うことが特徴で、Hero Tradingではアメリカやカナダなどで建てられている家のいいところをそのまま採用しています。アメリカのドラマや映画で出てくるような独特な輸入住宅のような家を作ることができます。

Hero Tradingでは素材は全て無垢材を使用しており、建てる家は本格的な輸入住宅仕様が基本となります。また、キッチンや間取りについても外国の特徴的な間取りを日本にいながら再現することができます。

日本の生活スタイルに合わない部分は参考にせず、取り入れる部分はふんだんに取り入れることで誰でも住みやすい輸入住宅を実現することができます。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

ヒーロートレーディングの特徴

Hero Tradingでは本格的な輸入住宅を日本にいながら再現をすることができます。輸入住宅は他の日本のハウスメーカーとどのような違いがあるのでしょうか。

Hero Tradingでは工法の寸法も独自なものも独特なものを使用しており、クロスを使用せずにドライウォールを使用することで火災に強く、高機密・高断熱で長持ちする家を作ることができます。

アメリカでは100年以上建て替える事無く同じ家に住み続けることが一般的です。施行時に家のペイントを行うのはカナダでドライウォール専門の会社に勤務していた本場の職人のドライウォーラーが塗装をします。

本場で修行をした職人が作り出すドライウォールの家はHero Tradingでしか作れない大きな特徴であり強みであるといえます。ここではHero Tradingで建築する「DryWall」の特徴や性能について詳しく解説していきます。

2000色以上のサンプルから選ぶ壁・天井

Hero Tradingでは日本で一般的に使われているクロスを使う事無く、壁も天井も自由に色を変えることができます

アメリカでは日本のように壁にクロスを使うことなく、直接ペイントによる塗装をすることが一般的なため、Hero Tradingでもこの方式を採用しています。

壁や天井の色は2000色の中から自由に選択することができて部屋ごとに色を変えて雰囲気を変えることや、家全体を自分の好きな雰囲気の色に染めることも可能です。

クロスの場合だと既製品をそのまま取り付ける形になるので自由に色を選択することはできませんし、ペイントによる塗装は色を塗り替えることは不可能です。Hero Tradingのドライウォールは子供部屋の色やリビングの雰囲気を変えたくなったら再度ペイントをすることで家の中の雰囲気を何度も変えることができます

クロスの張り替えを行おうとする場合は取り替える必要があるので変えることを考えると時間も費用もかかり大きなリノベーション・リフォームを行う必要があります。Hero Tradingで建築するドライウォールの家ではリノベーションも自身で簡単に行うことができます。

DryWallの耐火性について

DryWallの特徴のひとつに耐火性が高いことが挙げられます。DryWallの室内壁は非常に燃えにくい特徴を持っています。

北米では乾燥が日本よりもひどく、一度火が上がってしまえばあっという間に燃え広がってしまいます。北米地域では火に強い家づくりをすることは前提の条件として挙げられます。日本で作られているクロスは化学物質を使用して作られている場合がほとんどです。

家の中での火災が起こった際にはクロスにまで火が移るとクロスから化学有害物質が発生し、一酸化炭素中毒や、有害な煙によって火自体が燃え広がっていなくても有害物質を吸い込むことによる身体症状により脱出が不可能になってしまう場合も多くあります。

DryWallは火に強く、ガスバーナーで炙っても煙が発生しにくく火が燃え広がらない特徴を持っています。

日本よりも火災に多く悩まされている北米の技術を採用することで火災に強い家を建築することができます。

DryWallの耐震性・気密性について

ドライウォールは日本の通常の規格とは違い、北米サイズの大きいものを使用しています。サイズが大きいので壁や天井にできる接合部分も少なく、厚みも通常の9mmよりも大きい12.5mmの厚いテーパーボードを採用しています。

小さいボードをたくさん貼るより大きなボードを使用することでボード同士の接合部分を少なくすることができるので耐震性も大きく向上します。

また、接合部分の強化にも工夫されています。ボードの接合部分には窪みの部分にはテーピングとパテでの処理を行うことでボード同士が強固に繋がるため、耐震性と気密性を高めています

通常であればボードを貼る方向は同じ向きに均等に貼ることが一般的ですが、Hero Tradingでは互い違いにボードを設置することで地震の横揺れに強くなりますまた、施行時に家のペイントを行うのはカナダでドライウォール専門の会社に勤務していた本場のドライウォーラーが塗装をします。

本場で修行をした職人が作り出すドライウォールの家はHero Tradingでしか作れない大きな特徴であり強みであるといえます。隙間なくきっちりパテとテーピングを行うことで、隙間から冷気や熱を通すことなく、機密性の高い高断熱な仕組みを作ることができます。

ボードの継ぎ目に行うパテ処理は3回行われ、継ぎ目やビスを入れた跡をしっかり隠して壁や天井をまるでひとつの部材を使ったように美しく仕上げることができます。

隙間や凹凸ができると後でペイントをしたときに歪みができて目立ってしまい、照明による光にも歪みができるため家の中を美しく見せるために妥協のない施工が施されています。

ヒーロートレーディングの家の性能

Hero Tradingでは北米仕様の家を建てることができ、日本ではなかなか建てることができない個性的な家を建てることができますが家自体の性能はどうなのでしょうか。

魅力的で個性のある家を建てることができても家自体の性能まで北米仕様をまねると日本で建てる家に向いていなければ魅力はあっても購入は躊躇ってしまいます。

ここではそんなHero Tradingの家自体の性能を解説していきます。

アンダーセンの木製冊子による高断熱

日本の窓の冊子はアルミで作られているものがほとんどですが、Hero Tradingでは全米シェアNo.1の実績を持つ「Andersen(アンダーセン)」の冊子を使用しています。

輸入のサッシは雨漏りや結露が多いと批判されることが多いのですが、これは実は大きな誤解があるとHero Tradingは訴えています。輸入サッシにも種類があり、安くて品質の悪い形だけの輸入サッシは確かに隙間ができやすく、結露が多いのは言っている通りです。

また、輸入サッシは取扱説明書が英語で日本の通常のサッシとは取り付けの方法が異なるため、過った取り付け方をしている場合が多いそうです。

Hero Tradiangには本場のカナダで修行をした職人が在籍をしており、輸入品の取り扱いには慣れているのでそのような心配はありません。壊れた場合にも輸入代理店を通しているためたくさんの国内在庫を確保しているので心配することなく使い続けることができます。

Hero Tradingが使っているアンダーセンのサッシはフレームが木製でできており、ガラスも2枚のペアガラスを使用しており、ガラスとガラスの間にはアルゴンガスを入れているため外の空気の影響を受けにくく、中の熱を逃がさない特徴があります。

実際の実験では47℃の熱を出すランプをガラスの外側から当て続けても中の空気の温度はほとんど変わらないほど断熱性は優れています。

信用できるメーカーと輸入家具の取り扱いに長けていて多くの実績を持つHero Tradingだからこそ安心して品質の高い輸入家具の取り扱いを任せることができますね。

高気密ウレタンフォームによる断熱について

Hero Tradingでは断熱性を高めるため梁の間や天井に断熱材を入れるのではなく、発泡ウレタンフォームという泡を吹き付けることによる断熱を行なっています。

発泡ウレタンフォームとは壁の間や天井の間に波状の断熱材を吹き付けることにより、高機密性・高断熱性を得ることができます。

他の断熱材と比べると、隙間なくきっちり断熱材を吹き付けることにより隙間が発生しません。これにより、断熱材と家材の間に空気の隙間ができることなく断熱材を入れることができるため、壁の中や天井に結露ができることなく断熱することが可能です。

また、遮音性が高いことも特徴のひとつで外の音を家の中に入れにくい特徴があります。

既成の製品とは違い、大きさも決まっていないので必要に応じて必要な量を吹き付けることができるため、家自体をすっぽり断熱材で囲うことができ、Hero Tradingでは外気に触れる壁や天井には全ての部分にウレタンフォームを吹き付けて断熱性・機密性を確保しています。

フィートモジュールによる2×4(ツーバイフォー)工法ついて

耐震性が高く、高気密・高断熱を実現できる工法として近年日本でも扱われることが多い2×4工法ですが、この工法は200年以上前に北米が発祥となった工法です。

2×4工法とは従来の木材の枠で支えるのではなく床と天井の2面と取り囲む壁の4面を合わせた6面で家全体を支える仕組みを使った工法のことをいいます。

耐震性が高く、気密性・断熱性を高める2×4工法ですが、日本のハウスメーカーとHero Tradingの2×4工法では根本的に違う部分があります。

日本での工法だと尺基準だとスタッドと呼ばれる壁を支える木材の感覚は455mm感覚ですがHero Tradingでは407mmを採用しています。

狭い間隔でスタッドを配置することにより耐震性は日本の尺基準のものよりも強い耐震性を得ることができます。

2×4工法の発祥である北米では407mmが通常であり、本場の間隔でスタッドを配置することにより100%の力を発揮することができます。

また、外壁に使われるボードも従来の日本の基準のボードよりも9mm厚く、大きいものを使用しているため地震に強い家を建築することができます

2×4工法の本場である北米の建築仕様を余すことなく使用することにより地震にも強い家を建築することができるのはHero Tradingの大きな魅力のひとつといえます。

ヒーロートレーディングを選ぶメリット

本格的な北米様式の家を建築できる

Hero Tradingでは海外の映画やドラマに出てくるような本格的な洋式の家を建てることができます。

日本の従来の建築様式に縛られずにあくまで北米使用にこだわり、本場の職人も採用することで日本のハウスメーカーにはなかった仕様の家を建てることができるのはHero Tradingならではのメリットと言えます。

様式は北米仕様にこだわっていますが、日本に住む上で必要のない部分は参考にせずに、打ち合わせの際にどのような間取りにするかも徹底的に相談に乗ってくれるのも大きな魅力です。

日本様式の建築とは違う部分やメリットデメリットに関しても現場監督と打ち合わせすることで理想の家に近づけることができます。

リーズナブルな値段で輸入住宅を建築できる

輸入住宅を建てようと考える場合はコストが大きく膨らんでしまう特徴があります。サイズの違いや規格の違いにより建築にかかる費用はどうしても避けられない部分であると言えます。

Hero Tradingは北米仕様の輸入住宅のみの建築を行なっていますが、費用は坪単価60万円〜70万円とリーズナブルな価格で本格的な輸入住宅を建築することができます。

無駄な部分は削ぎ落としていい部分を取り入れ、かつ豊富な実績から家づくりに関するノウハウを熟知しているからこそこの価格で実現ができているので少しでも安い価格で個性的な輸入住宅を考えられている方にとっては大きなメリットであると言えます。

ヒーロートレーディングを選ぶデメリット

日本のハウスメーカー由来の性能は求めにくい

日本のハウスメーカーではシステムキッチンやバスルームに関して高性能なものが多いです。

本格的な輸入住宅を建設する場合、これらのシステムキッチンやバスルームだけを取り入れてしまうと家の景観を大きく損ねてしまう場合があります。

こだわりたい部分は相談に乗ってくれますが、輸入住宅を専門で取り扱っているためシステム部分に関しては別で考える必要があるのは少し手間が増えてしまうかもしれません。

壁の塗り直しなどの自身での整備が必要

Hero Tradingでは壁や天井をクロスではなく塗装により仕上げています。

ペイントによる壁の仕上げは日本では一般的ではなく、年が経つにつれペイントはどうしても色褪せたり塗替えが必要な場面が出てきてしまいます。DIYの経験がある方だと色の塗り替えは簡単ですが、そうでない場合、置いてある家具をどかして業者に再度塗装を頼まなければなりません。

家の壁や天井の塗り替えは日本ではあまり馴染みのない文化なので抵抗がある方は少し考える必要がありそうですね。

ヒーロートレーディングの会社情報

会社名 ヒーロートレーディング(有)
ブランド名 ヒーロートレーディング
本社住所 〒193-0834 東京都八王子市東浅川町1-23
設立 1988年
資本金 300万円
従業員数 5名(2016年5月現在)
HP http://hti-hero.com/

ヒーロートレーディングの対応エリア

関東地方(東京都、神奈川県、埼玉県)


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク