注文住宅購入から入居までの流れ

マイホームの購入は、人生においてとても大きな買い物です。その中でも注文住宅を建てるとなると、夢や希望へのこだわりもひとしおです。一生に何度もできる買い物ではないので、注文住宅の購入から入居までの流れを事前に知っておくことで、戸惑うことなく念願のマイホームを手に入れることができます。

注文住宅購入のおおまかな流れ

注文住宅を購入するには、まず計画を立てるところから始まります。

自分の建てたい家をイメージして、居住地域の希望も考えます。おおまかなイメージができたらハウジングメーカーなどで専門家の意見を聞きつつ土地探しをします。家を建てる土地が決まったら、土地の取得やその他の工事など、資金繰りの計画を立てます

資金計画や家のイメージがかたまったら、実際に建てる家をどこのメーカーにするかを決め、間取りなどの細部までを打合せし、契約を結びます。地鎮祭、建築、と進み、建築確認検査に合格すると完成です。

契約前にやっておきたいこと

注文住宅を建築を決め、最終的な契約を締結する前にやっておきたいことをいくつかご紹介します。

建築予定の敷地の調査

土地の正確な広さや勾配、接面道路の状況などによって建築可能な内容が変化するため、見積もりの段階での詳細な土地の調査をしておきます。この時、敷地調査と合わせて地盤調査もしておくと万が一地盤が弱い場合の対策もとることができます。

見積もり

住宅メーカーを決めるために何社かに見積もりを依頼する場合、その金額は本体工事の費用だけではなく、設備などにかかる諸費用も込みの総額で出してもらいます。総額費用を出してもらうことで比較検討がしやすくなります。

間取りや仕様を確定させておく

間取りをほぼ確定しておくことはもちろんですが、内装の仕様や設備のグレードなどもあらかた決めておくことで見積もりの額も実際との誤差が少なくなり、比較検討もしやすくなりますし、予算オーバーとなってしまうことも防げます。

具体的なスケジュール

建築工事の着工日、完了日、そして最終的に完成したあとの引き渡し日は具体的な日程を決め、契約書に記載してもらうようにします。工事が遅れるとそれに伴い引き渡し日も遅れてしまうことになりかねず、それまで住んでいる家の退去日や引っ越しの日程にも影響が出てしまいます。万が一、工事が遅れた場合の違約金についても詳細を決めておくとよいでしょう。

キャンセル時の対応

万が一、契約後にキャンセルすることがあった場合、申込金は返還されるのか、キャンセルが可能な期日はいつまでか、などをきちんと書面で確認しておくことが必要です。

注文住宅を購入する際の注意点

注文住宅の購入を決断するにあたっての注意点をまとめました。

家族の意見が一致していることが大事です。キッチンや浴室、間取りなど、家族構成によっても使い勝手が変わるものです。一生ものの買い物となるマイホームですから、家族全員の意向を聞いたうえで、どのような家を建てるのかをしっかり話し合いましょう。

・マイホームを建ててくれる建築会社や住宅メーカー選びは慎重にしましょう。ほとんどの方が初めての経験である注文住宅購入ですから、わからないことばかりのはずです。きちんと下調べをして、面倒がらずに何社かの話を聞くことで信頼できる業者を選ぶことができます

・多くの人が注文住宅購入に際して、ローンを組むことになります。何十年にもわたって支払っていかなければならないことを考えたしっかりとした資金計画を立てることがとても大切になります。

・住環境も大事です。希望通りの家を建てることにばかり気を取られず、建築予定の土地の周辺の環境も調べましょう。賃貸住宅とは違い、合わないから引っ越す、ということが難しくなります。ご近所の様子やお子様がいる場合の教育環境などにも目を向けましょう

まとめ

新築のマイホーム購入。そのなかでも注文住宅は、住みたい家の希望や理想を盛り込みやすく、こだわりを反映させやすくもあります。そのため、既成の一軒家を購入するよりも高額な買い物となり、一生に一度の買い物となる場合が多いでしょう。

いちから作りあげる注文住宅は、建売住宅の購入よりも購入を決めてから実際に入居できるまでの期間も長くかかります。計画段階から、根気よく業者とのコミュニケーションをとり、建築期間中もこまめに現場をおとずれると一層愛着がわくでしょう。

この先、何十年と住むことになるマイホームの購入が、次の世代にも引き継げるような「良い買い物をした」と思えるように、後悔のないものにしましょう。