狭小住宅の失敗例やおすすめの間取りを紹介

狭小住宅と聞くと「部屋が狭い」「住みにくそう」というイメージを持つ人もいるのではないでしょうか?しかし、限られた空間でも間取りや収納、家具などを工夫すれば快適な生活ができます。

そこで今回は、狭小住宅の意味や間取りについて解説します。よくある失敗例もお教えしますので、狭小住宅に興味がある人は参考にしてください。

狭小住宅とは

狭小住宅とは、狭い土地に建てられた床面積の小さな住宅のことです。明確な定義はありませんが、およそ15坪50㎡以下の土地に建てられた住宅を指します。しかし、単純に狭い土地に建てられた住宅のことを指すわけではありません。狭小住宅とは、狭いスペースでも工夫してデザイン性と生活空間の機能性を図った住宅です。

狭小住宅は都市部で多く見られます。なぜなら利便性が良く地価が高いエリアでも、狭い土地は安く売られているからです。そのような土地を活用すれば、アクセスの良い都市部にマイホームを持てるというメリットがあります。狭い土地だからこそ土地代を抑えられますし、小さめの住宅なら建築費用も少なくて済むでしょう。

さらに、狭小住宅であれば税金も安く抑えられます。家を所有すると固定資産税と都市計画税を納める必要がありますが、狭小住宅は小規模住宅用地になるため税金が安くなります。

他にも、狭小住宅はデザインが個性的です。狭い土地に建てるため、一般的な住宅では使わない空間デザインを実施するのが基本です。くの字や三角形になった住宅や、3階建ての住宅も多く、そのデザイン性の高さから狭小住宅を希望する人も増えています。近年ではハウスメーカーが狭い土地向きの商品を出しています。

狭小住宅の失敗例

狭小住宅で失敗が多いポイントは「狭いこと」「動線の悪さ」「空調効率」「採光と音」「駐車スペース」の5つです。順番に解説していきます。

失敗例①:居住スペースが狭い

狭い土地に建てられた狭小住宅はスペースが限られています。間取りをよく考えないと、部屋が狭くなったり、収納スペースがなくなります。収納は壁面や階段下など、デットスペースを利用できないか考えてみてください。

失敗例②:動線の悪さ

動線とは生活をする人の動きのことです。空間が限られている狭小住宅では、動線を考えておかないと生活しづらくなります。例えば、「リビングを通らないとお風呂に行けず来客時に困る」「洗濯物を2階に干すために1階から運ぶのが疲れる」などです。実際の生活をイメージしてから、間取りや家具、家電の配置を決めましょう。

失敗例③:空調効率の悪さ

狭小住宅では、どうしても部屋が狭くなりがちです。そのため間切りをなくしたり、吹き抜けを作って、空間を広く見せる工夫をしています。しかし壁がないと、空気の流れを止められず空調効率が悪くなります。さらに、空調効率が悪いと電気代もかかるため、間取りやエアコンを設置する位置はよく考えてください。

失敗例④:採光と音の問題

限られた土地を広く使えるように設計された小住宅では、隣の家との距離が近くなります。その結果、採光を確保するのが難しく部屋が暗くなりがちです。窓の位置や照明の明るさを工夫してみましょう。

さらに、隣と距離が近いと音も気になります。隣の家の音が響いてくるだけでなく、こちらの音も響いているかも知れません。トラブルになる前に防音対策をしておくほうが良いでしょう。

失敗例⑤:駐車スペースが確保しにくい

狭い土地で住宅の広さを優先すると、自転車や自動車を駐車する場所がなくなります。通勤や通学などで日常的に使うなら、駐車スペースをどうするのか事前に考えておくことが大切です。

狭小住宅のおすすめの間取りアイデア

狭小住宅では家の形や間取りにも制限があります。そのため、快適に生活できる空間にするには工夫が必要です。そこで、おすすめの間取りのアイデアを解説しましょう。

◆空間を仕切らない

狭い狭小住宅でも、仕切りをなくせば視覚的に広く感じます。収納家具やすりガラスを仕切りとして使うのもおすすめです。

◆ステップフロア

ステップフロアとは、床の一部に段差をつけることです。段差が部屋の区切りになるので、室内が広く感じられます。他にもステップフロアにすると廊下が必要ありません。廊下の幅80㎝をカットできるのです。

◆ロフト

ロフトとは、部屋の一部を二層式にした上の空間を指します。天井までの高さが1.4m以下などの条件がありますが、ロフトをつくればもう1つスペースを得られます。

◆中庭

間取りや窓の配置など制限が多い狭小住宅だからこそ、明るさや風通しも考える必要があります。そんなときにおすすめの方法が中庭を作ることです。小さくても中庭があれば、見た目の広さの演出だけではなく、光や風も感じられる住宅になります。

◆吹き抜け

リビングなどの一部分に吹き抜けを設けるのもおすすめの方法です。吹き抜けがあれば、外からの光を取り込めるので、明るく開放的な雰囲気になります。また、視線を縦に広げる効果もあるので空間を広く見せられるでしょう。

◆地下室

地下室を作れば、狭い狭小住宅でも部屋数を増やすことが可能です。地下室には、湿度や気温を調整しやすく振動や音が漏れにくいという特性があります。食料を保管したり、音楽鑑賞など趣味の部屋にするのもおすすめです。

まとめ

狭小住宅には、「都市部にマイホームを持てる」「建築費用や維持費が抑えられる」「デザイン性が高い」などのメリットがあります。しかし、狭さや採光、音、空調などが狭小住宅の問題点です。

狭小住宅を建てるときは、間取りや収納に、動線ついてよく考える必要があります。限られた空間を有効に使えるように工夫してみましょう。

また、狭小住宅を建てるときは、実績のある業者を選ぶことも大切です。狭小住宅の問題点をうまく回避しながら、理想的な家づくりができます。