注文住宅で失敗しない照明の選び方!

注文住宅の仕様を決めるときに、意外と困るのが照明です。どこにどんな照明をつければいいのか、一口に照明といっても種類も使い方もさまざまで迷ってしまうものです。素敵な家に仕上げるための失敗しない照明選びとはどのようなものでしょうか。

照明にはどんな種類がある?

照明には、大きく分けて二つの種類があります。部屋を広く照らす主照明と、限定的に照らす部分照明です。

主照明で一般的なのがシーリングライトです。シーリングライトは天井に円形の照明を直接取り付けるもので、最近は天井から大きくせり出さない薄型タイプが主流になっています。光が四方にまんべんなく広がるのが特徴で、明るさや色を変えられる調光機能が付いたものが多いです。

天井から吊り下げるペンダントライトも部屋全体を明るくします。ペンダントライトはデザインやサイズが豊富で、天井だけでなくダイニングテーブルの上、階段や吹き抜けなど家のいろいろな場所に設置できます。

同様に天井からつるすシャンデリアは、空間の主役ともなるインパクトがあるのが特徴です。階段や吹き抜けに設置すれば、特別な空間を演出できます。最近は電球交換の負担が少ないLEDタイプも流通しています。

ダウンライトは天井に電灯を埋め込むタイプの照明です。電灯がせり出さないので天井がスッキリし、部屋が広く見えます。ニュアンスのある光で部屋を印象的に照らすのも特徴です。ほかにも、明るさが欲しい場所に設置したり、通路を照らしたりといろいろな使い方ができます。

部屋全体を明るくする手段として、間接照明も人気があります。天井や壁を照らし、その反射でお部屋を明るくするものです。光が柔らかく広がるのが特徴で、電灯が見えない作りのため空間を広く見せることもできます。間接照明の使い方はさまざまで、光を下に向ければ作業台の手元やインテリアを照らすなど、部分照明としても使用できます。

部分照明の代表的なものとして、スポットライトがあります。壁や天井に取り付けてキッチンの手元を照らしたり、家具や絵などを照らして効果的に見せるものです。

壁に取り付けるブラケットライトは、玄関や廊下、寝室などに使用することが多いです。デザインが豊富で、リビングの置き型のランプの代わりにもなります。

ほかには足元を照らすフットライトがあります。後付けタイプはコンセントを一つ埋めてしまうので、設計の時点で設置した方があとで困りません。

照明の選び方のポイント

照明を選ぶ際は、その空間にいる自分や家族の様子を具体的に思い描いて選びましょう。まず主照明を決めて、主照明で灯しきれない箇所や効果を生みたい場所に部分照明を置いていくと、整理して考えられます。また、天井からの照明だけでなく間接照明を組み込むことで、空間に陰影が生まれ落ち着いた雰囲気になります。

リビングでは、ゆったり過ごす時間と勉強や作業をする時間では欲しい明かりが違うので、シーンによって使い分けられるようにしましょう。間接照明をメインにする場合、調光機能の充実したものがおすすめです。シーリングライトやダウンライト、間接照明の組み合わせもできます。主照明を決めたら、壁に間接照明を付けたり、ダウンライトを追加するなどの補助的な照明を検討しましょう。

ダイニングであれば、食事がおいしく見えるようにテーブルに光がほしいところです。せっかく家族で食卓を囲んでも、明るさが足りないと表情もよく見えません。ペンダントライトやスポットライトなどで上から光を当てると、料理や顔に影がでにくくきれいに見えます。

キッチンは、手元が影にならないように照明を配置しましょう。キッチンがリビングに続いている場合は、メインに間接照明を取り入れ雰囲気を重視しても、手元はスポットライトやダウンライトで照らすなど、実際に作業する場面を想定して照明を決めましょう。

寝室には調光機能がないと、ベッドで本を読んだ後に起き上って電気を消さなくてはいけません。また、ベッドの足もとを照らすフットライト、頭元のブランケットライトなど、間接照明を取り入れることでおしゃれな空間を演出できます。

照明選びの失敗例

いざ住んでみると、照明を選ぶときには気が付かなかった点が出てくるものです。いくつかご紹介します。

明るさ重視のプランで照明を選び、シーリングライトばかりになってしまったケースです。シーリングライトはひとつで明るさが十分あり調光機能もあるのでとても便利ですが、天井からの照明だけでは光に変化がつきにくく、せっかくの空間が味気ないものになってしまいます。ダウンライトなど間接照明と組み合わせることをおすすめします。

ダイニングテーブルと照明が合わないケースもあります。完成した家にダイニングテーブルを置くとテーブル中央に照明が当たらず、テーブル中央に照明を当てると部屋全体のレイアウトがおかしくなってしまうという残念な失敗です。照明を決める際にリビング全体のレイアウトがあいまいだったことが要因で、やむなく照明がちょっとずれた状態で使うことになります。ダイニングの照明は位置決定が難しいので、照明を一列に配置するよりも、四角形にダウンライトやスポットライトを配置してしまうのも手です。

玄関や洗面台でも失敗例があります。玄関では来客と対面するとき、洗面台では鏡の前に立つときに、照明が後ろからあたる位置にあるために顔に影が落ちるケースです。来客との第一印象を決める玄関で、顔が真っ暗では残念ですよね。洗面台では自然な顔色がわかりにくく、お化粧が不自然な仕上がりになりかねません。表情をしっかり見せたい場合は、上か前から照明が当たるように配置しましょう。

まとめ

照明の使い方ひとつで、暖かみのある空間にも、ホテルライクな空間にもなります。そう思うと、照明は大切な家づくりのひとつといえます。どのような照明にするのか、住まう人の動きや表情を思い浮かべながら、主照明と間接照明、部分照明をうまく組み合わせて自分だけの空間、自分たちだけの理想の家を演出しましょう。