ローコストで注文住宅を建てられる理由は?注意点も紹介!

注文住宅でコストを抑えたいときにローコスト住宅を検討する方も少なくないと思います。ローコスト住宅は通常の住宅とはなにが違ってどう安くできているのでしょうか?購入する際の注意点についてもわかりやすく解説します。

注文住宅なのにローコストで建てられる理由は?

ローコスト住宅とは、例えるなら住宅業界のコストコのようなものです。

コストコでは広告費をカットし、大量に同じ物を発注して仕入れ値を下げると同時に効率的に動く仕組みを作ることで仕入れ値と人件費をコストカットすることで安く良質な物が手に入る企業として世界で人気なのです。

ローコスト住宅でも同じように、広告費カット、木材の規格を統一して大量に発注、作業工程をシンプルにして効率化をすることで安い住宅を提供しています。

一棟建てるために大量の材料が使われる住宅業界では、コストコのような大手ではない知名度の低いハウスメーカーであっても材料の大量注文によるコストカットが出来るわけです。

ローコスト住宅のメリットとデメリット

一般的に1坪80万円程度といわれている住宅と違い、ローコスト住宅では坪単価40万円程度で建てることができます。価格帯で圧倒的なメリットを提示できるわけですが、デメリットがないわけではありません。わかりやすくまとめるので確認していきましょう。

ローコスト住宅のメリット
・圧倒的な安さ
・シンプルな住宅になる
・安いので建て替えやすい
・デザイン性は最新の流行をとりいれている

ローコスト住宅のデメリット
・規格にしばられる
・シンプルな住宅になる
・下請け業者の判断ができない

ローコスト住宅も規格を統一することで仕入れ値を落とすと同時に、安い木材を手に入れることでコストダウンを実現しているところがほとんどです。

ただし、耐震性、耐火性は国の基準を満たさなくては企業として活動できないため、粗悪な品を提供している悪徳のハウスメーカーはいないと考えて良いでしょう。

機能面では、ローコスト住宅でも床暖房やオール電化などの最新の技術が使われているので、安いのに消費者が望む機能をすべて満たしてくれている会社もあります

ローコスト住宅では規格の統一された木材を使っているのが特徴なのですが、家の間取りについても制限が出てしまうことは考えなければなりません。

丸い形をした部屋を作りたいといった一般住宅でも追加オプションが必要になりそうな特徴ある部屋を作りたい人はローコスト住宅の購入は難しいです。

らせん階段のようなお洒落なデザインを実現しているハウスメーカーはあるので、同一規格であることに過度に心配する必要もないでしょう。

ローコスト住宅を建てるときの注意点

ローコスト住宅を建てるときの注意点は以下です。
・素材が悪いことがおおい
・複数社と比較する
・シンプルなデザインになりやすい
・評判の悪い大工がつく可能性がある

徹底的なコストカットをする以上、素材感が劣ることは妥協しなければなりません。もし、品質を高めようと考えるならば数100万円~1000万円のコストアップも考えましょう。

ある程度の妥協はしながらも他のハウスメーカーと比較はする必要があります。なぜなら、他社と比較することで値段の比較はもちろんですが、デザイン性や機能性の比較ができるからです。例えば、床暖房を設置したいと考えたときにA社では100万円だったものが80万円のオプションで付けられることもあります。デザイン性はそれぞれのハウスメーカーの個性にもなるので必ず複数社で比較をしてから決めることをオススメします。

注文住宅であるため、ある程度は消費者の理想を叶えることはできますが、デザイナー物件とは出来ることも価格もまるで違うことは認識しておきましょう。例えば、らせん階段をつけたいといった希望は叶えることはできるかもしれませんが、部屋の真ん中につけたいといった斬新なデザインまでは要望できないことが多いです。あくまで決まったデザイン性のなかで過度な個性は出さずに理想を実現できるといったちょうどよさを求める必要はあります。

最後に、下請け会社まで消費者が指定することはできないので、あまりにも安すぎるハウスメーカーであれば下請け会社の質も悪い可能性があります。こればかりは実際にハウスメーカーが施工中の家を見学するしかありません。

まとめ

ローコスト住宅は消費者には見えない徹底的なコストカットで実現しています。一方で素材感のような安さを感じる点も出てしまうのですが、圧倒的な価格の安さと比べて妥協できる点かどうか検討する必要があります。

らせん階段やロフトベッドのような憧れを実現できる注文住宅を安く手に入れるには非常に魅力的な住宅です。