値引きは可能?注文住宅で値引き交渉するコツや注意点

思い描くマイホームを実現するのには費用がかかります。そんなとき、少しでも値引きがしてもらえらたありがたいですよね。でも、注文住宅の値引き交渉なんてどうしたらいいかわからない方が多いのではないでしょうか。今回は注文住宅での値引きについてご説明します。

注文住宅って値引きできるの?

注文住宅の値引きは、結論からいうと可能です。

注文住宅を建てる施工業者を選ぶとき、どのような点に注目しているでしょうか。デザイン、品質、省エネ効果などいろいろあると思いますが、建築費用も大事な比較ポイントです。坪単価は設備仕様によって前後するので、坪単価×坪数で家が建つわけではありませんが、目安にはなります。坪単価が高い施工業者ほど、値引きが見込めます。ちなみに、この金額に諸費用等を25%程度上乗せした金額が現実的な建築費用の目安です。

大手ハウスメーカーと工務店を比較すると、工務店の方が坪単価が安いことがわかります。安い建材や品質の劣る設備だから安いわけではなく、コマーシャルなど多額の費用がかかる広告をしていないためです。人件費は工務店おかかえの職人さんたちに依頼するのでマージンが少ないことが多く、もともと坪単価も抑えられているため大幅に値引きする余地があまりありません。3%程度値引きできれば成功といえます。

大手ハウスメーカーの場合、施工費用に設備維持費や広告費用が上乗せされている場合が多く、工務店よりも利幅があります。利幅があるといっても注文住宅は建売物件のように売り払う必要のない商品ですので、大幅値下げになる対象ではありません。5~8%の値引きができれば上々といえます。決算時期により10%の値引きも見込める可能性がありますが、値引き額ばかりに目を向けていると思わぬしわ寄せがおきることもあるので注意しましょう。

また、大手ハウスメーカーでもローコスト住宅を売りにしている場合は大幅な値下げは期待できません。3%~5%程度の値引きを目指して交渉してみましょう。

値引きして最適価格で注文住宅を建てる方法

値引きするには、大事なポイントがふたつあります。ひとつは買う気でいること、もうひとつは相場を知ることです。

そもそも、本気で買う気がない人には施工業者は値引きをしません。営業マンも、見学に来たお客さんに値引き交渉されても応えようがないでしょう。また、見積もりの相談段階で値引きを要求しすぎると、営業マンは購入可能額で見積もりを作るために品質のグレードを下げて提案することにもなります

そのため、値引き交渉のタイミングは契約直前がおすすめです。ハンコを持っているお客様との値引き交渉は、営業マンも逃げられない状況になります。自分の成績になるだけでなく、良好な関係でプラン作成が進み満足度の高い見積もりができたお客様との契約は、営業マンも本気で取りたいはずです。ここで即答で値引き不可だった場合、ご自身が納得すれば契約してもかまいませんが、一度持ち帰ってもいいかもしれません。

値引きをするのに、相場を知らないと吹っ掛けるだけの値引き交渉になってしまいます。施工業者を決めるときに、一社に絞るのではなく最低3社は候補に入れて見積もりを取りましょう。グレードが同等の業者で、同等の内容で比較することが大切です。これを合い見積もりといって、価格差をはっきりさせて公正を期すために行われることもある方法です。

車で例えると、ワンボックスを買うのに軽自動車の見積もりを比較しても交渉材料にはなりません。似た条件の、できればライバル業者で少し安い金額で仕上がった見積もりを見せて交渉しましょう。「ライバル業者のほうがこれだけ値引きしてくれたが、お宅が気に入って決めたいから、差額分を値引いてほしい」といえば、NOと即答できる営業マンはいません。値引き額を持ち帰って相談してくる姿勢が見えたら、第一段階突破です。

このあと手ぶらで営業マンが帰ってきたら、同じグレードで少し安い見積もりを出してくれた施工業者に乗り換えてもいいかもしれません。結果、適正価格で施工できることになります。

値引き交渉する際の注意点

注文住宅は、バザーのように値下げ交渉するわけにはいきません。値下げが品質に直結するからです。建材や金具の品質が落ちる、人件費節減と回転率アップのために工期を短くするなど、見えないところで影響がでます。値下げのために品質を落とすのは本末転倒です。あくまでも工務店やハウスメーカーの利幅の中で値引きしてもらうことを念頭に置いて交渉しましょう。

また、適正価格を知ってから値引き交渉に臨まないと、営業マンとの信頼関係にも影響します。この施工業者さんにほれ込んでいるから、ここしか頼みたくないという強い思いがある場合は、特に値引き交渉は慎重に行いましょう。

まとめ

注文住宅の値引き交渉は、適正価格を知ってから行うことが成功の秘訣です。でも、欲張ってしまうと思わぬ失敗に繋がります。せっかくこだわって建てるマイホームが、値引きのために実は安く仕上げられていた結果になるのは残念です。人生で一番高価な買い物である注文住宅を気持ちよく購入できるように、値引きをする際には十分注意してください。