【注文住宅】二世帯住宅の間取りと費用について

親世帯と子世帯が、ひとつの建物に暮らすために建てられる二世帯住宅。一世帯だけで住むための住宅と比べて、それぞれの世帯のライフスタイルごとに、間取りのプランや、設置する設備のアイデアや希望があると思います。

そんな二世帯住宅の間取りや費用について、建てるときの注意点や参考プランなども併せて詳しく紹介していきます。

二世帯住宅を建てる際の価格相場

二世帯住宅を建てるためには、通常の住宅の建築費用に比べて高くなる傾向にあります。それに加えて、リビングやキッチン、浴室など金額の張る設備を親世帯・子世帯で共用スペースとするのか、それぞれふたつずつ設置するのかによって、大きく費用は変動します。

一般的に、完全共有型での二世帯住宅ならば2000万円前後での建築が可能といわれています。コストを抑えたいと考えるのならば、完全共有型にするか、共有スペースを多くとるかになりますが、お互いのプライバシーが守られるような配慮も必要かもしれません。

また、部分共有型や敷地面積が広い土地での建築となると3000万円以上かかる場合もあり、完全分離型でお互いの世帯の要望を多く取り入れたプランにすると4000万円以上かかることもあります。

ひとつの世帯での建築と違い、二世帯での共同出資となるため、コストが通常よりかかる場合でも資金に余裕がある場合が多いですが、家族全員の希望や意見を事前にすり合わせておくことは大切です。

二世帯住宅の間取りプランの種類

実際に二世帯住宅を建てることになった際の間取りのプランにはどのようなものがあるのでしょうか、参考例を見てみます。

完全分離型

玄関、リビング、キッチン、浴室などの設備や居住空間がすべて分かれています。1階と2階に分ける場合と左右に分ける場合とがあります。

親世帯と子世帯が完全に分離されたスペースで過ごすため、生活リズムの違いもそれほど気にならず、お互いのプライバシーも確保されますが、各設備が全てふたつ必要となるため、建築費用はかさみます

部分共有型

玄関を共有し、それぞれの居住空間は別にしたり、リビングやキッチン、庭など一部を共有する間取りがあります

別々の居住空間でお互いのプライバシーも確保しつつ、共有のスペースを作ることで親世帯と子世帯やその孫が交流することができます。

その一方で、共有する部分にかかる費用や家事についての分担が必要となってくるため、もめごとの起きないようルール作りが大切です。

完全共有型

ひとつの建物で親世帯と子世帯が設備のほとんどを共有して住むタイプです。設備を共有することで建築費用や水道光熱費を抑えることができます。寝室などのほかは同じ空間で過ごすことが多いためお互いの様子がよくわかり、家事や育児の分担もしやすい環境です。

食事や家族団らんの時間も同じ空間で過ごすため、プライバシーの確保は難しくなります。また、生活リズムの違いによる生活音などにも気を配る必要があります。

解決策としては、子世帯が寝室のほかにミニキッチンなどをつくることなどが考えられます。

二世帯住宅を建てる際の注意点

二世帯住宅を建てる際にはいくつか注意しておきたい点もあります。

・親世帯と子世帯が一緒に住むために建てる二世帯住宅ですが、もともと親の持ち物であった宅地に建設した場合、そこを実家としていた兄弟が長期休暇の際に帰省してくることや、転職や離婚等で実家に戻ってくることも考えられるため、もしもの時を考えた余裕のある間取りにする必要性がある。

・ローン返済や生活費、水道光熱費などの経済的な分担の仕方を、家族だからと曖昧にすることなく、事前にきちんと取り決めておくことでトラブルを避けることができます。

・親世帯と子世帯では生活リズムが異なることも多いため、生活音に気を使わなくてもいいような間取りを考えるとよいでしょう。トイレや浴室など、音の気になる水回りの配置を上階と下階でそろえると気になりにくくなります。

・親世帯だけでなく、自分たちのことも含め、高齢になった時や介護が必要になった時に備えて、各所をバリアフリーにしておくと将来的にも安心です。

まとめ

親世帯と子世帯が別々の住宅を建てるよりも、土地代や建物代などの費用が安く抑えられることの多い二世帯住宅。固定資産税の軽減や相続税の減税措置などの経済的なメリットもあります。

生活リズムの違いやプライバシーの確保の問題など、注意しなければならない点もいくつかありますが、大家族の少ない時勢に親世帯と子世帯が一緒に住むことで親、子、孫のコミュニケーションが取れ、家族のつながりを感じられるのは大きな利点でもあります。

二世帯住宅を建てることを考え始めたら、長く住むことのできる家を目指して、家族みんなの意見を出しあいプランを練ることで、快適な二世帯住宅ライフが手に入るはずです。