【2021年01月更新】株式会社オカザキホームの坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページでは株式会社オカザキホームの坪単価に関する情報を掲載しています。

株式会社オカザキホーム概要

オカザキホームは適正価格にこだわっている注文住宅会社です。家を建てるには資材の原価や職人の作業費以外にも、下請けへの手数料などさまざまな費用が加算されています。オカザキホームは大手ハウスメーカーと工務店の良さを融合し、中間マージンをカットすることで、お客様に適正価格で販売を可能としています。

株式会社オカザキホームの坪単価

オカザキホームの坪単価は50万円~70万円程度とされています。

日本で家を建てる平均的な坪数は約43坪といわれていますので、オカザキホームでの平均的な家(坪単価の平均で1坪60万円)で建てると、だいたい2,580万円以上の費用になります。
この費用にオプションや住宅ローン等が加わると、約2,900万円の費用が必要となってきます。

オカザキホームの坪単価の安さの秘密

実際、オカザキホームで注文住宅を建てる時、価格は坪単価での提示はありません。何坪で何階建て、1世帯住宅、2世帯住宅と住宅の建て方で提示価格は変わってきます。ここでは通常1世帯の家族で2階建てでの価格から坪単価を算出しました。

オカザキホームの安さの秘密はオカザキホームの理念にあります。それは「日本の住まいを安くする」ことです。高すぎる日本の住宅価格の適正化にし、住宅業界の常識の革新をしていくことです。そして、品質・デザイン・サービス等、価値ある家づくりを適正価格となっております。

また、オカザキホームは、アキュラグループの中の一つです。アキュラグループはカンナ社長で有名な元大工の宮沢社長が創業しました。アキュラグループは、全国的に展開し、元大工の社長ということもあり、建材などを大量に一括購入しています。その為、中間流通を削減ができます。

つまり、優良な品質を保ちながら家づくりの材料費を大幅にコストダウンしています。
さらに、下請けや孫請けなど、現在、住宅業界で一般的な仕組みを簡略化して、直接施工をしていることから、中間マージンのカットや、住宅業界の無駄を少しでも削っています。

そのため、オカザキホームでは、品質はそのままでしかも、適正価格でご提供できる家づくりの仕組みとなっております。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

商品毎の特徴

株式会社オカザキホームのブランド毎の特徴を紹介します。

ママ・クチュールの特徴

ママ・クチュールのイメージ
https://www.okazakihome.co.jp/

オカザキホームが最も力を入れている商品です。「ママ・クチュール」は働くママのための理想の住まいです。

子育てや家事などの負担を少なくし、働くママと家族が楽しく暮らせる住まいを作り上げています。まず、オカザキホームの社員の方々が、この商品を作った理由があります。

「子育て、家事、そして仕事など、がんばるママたちが、楽しく笑顔で暮らせるお家をつくりたい!」こんな思いから、考え出されました。そして、家族が楽しく、暮らせ、子供の自立も考えられています。

3つのラク

家事ラク
水回りをを集めた設計で、家事の動線を短くし、 子育て中の家族の時間にゆとりを持たせ、ゆっくりと加速のじかんが過ごせる工夫がされています。

家計ラク
太陽光発電搭載で、売電収入が入り、住宅ローンのお負担を軽減してくれます。

メンテナンスラク
高耐久屋根材、外装材などを標準採用しているため、将来のメンテナンスの費用が大幅に軽減されます。
一般的な屋根と外壁材を採用した時と比べ、30年間で約214万円もメンテナンス費用が軽減されます。

家づくり

・効率的で家事ラクな水回り動線
料理をしながら洗濯が可能な家事ラク動線を作っています。洗濯物を洗う・干す・たたむ・しまうが1か所で完結できる工夫がされています。

・ファミリークローク
子供でも自分でしまう習慣づけができる工夫がされています。
帰宅後も1階にクロークがあることで、上着を2階に置きに行く手間が省け、小さな子どもがいても楽な工夫がされています。

・お買い物動線
リビングを通らずとも、玄関からすぐに買い物袋をキッチンに運べます。

・2WAY玄関
玄関が2WEYになっていることで、急な来客があってもすっきりきれいな玄関でお出向ができ、安心です。
また家族用では防災グッズなどの収納もでき便利です。

・キッチン前のカウンター
こちらは子供の学習コーナーとしての提案をしています。

・リビング収納の充実
子供のおもちゃや雑誌の収納がリビングにあることで、きれいに片付きます。
子供の片付けの習慣をつけることもできます。

・寝室の書斎のスペース
寝室に書斎のスペースを作ることで、働くパパ、ママの自分のスペースができ、一人の充実した時間が過ごせます。

「ママ・クチュール」は 家事の動線の工夫、子供の成長の助けの工夫など若い家族向けの工夫がいっぱいされています。

木の家の特徴

「木のぬくもりがあふれる居心地のいい家」です。

・現し梁
梁を見せることで、解放感のある吹き抜けとなます。また、床は無垢フロアにしていることからぬくもりを感じることができます。

・大黒柱
木造住宅の象徴である大黒柱で安全・安心の象徴です。

・無垢のフロア
素肌にやさしい無垢のフロアで素材の漢字をじかに感じられる作りになっています。

・格子壁
和のデザインを代表する「格子」を室内に取り込むことでおしゃれに見えます。

・真壁和室
伝統的な真壁和室が安らぎと落ち着きのある空間を演出します。

屋上庭園のある家の坪単価

屋上庭園があることで、気持ちがやさしくなり、家族との大切な時間や場所が作られます

・屋上緑化のメリット
建物屋根や屋上に使用されているコンクリートや瓦は夏場、表面温度が高温になり、しかもその直下の部屋にも熱気が広がります。屋上庭園を造ることにより庭木やウッドデッキなどの断熱効果が出てきます。そのため、直下の部屋の室温も下がり、節約につながります。また、断熱効果は冬でも効果があるため冬には暖かく、四季を通じて節電につながり、環境にも優しいです。

大収納のある家の特徴

家の真ん中に、たっぷりしまえる「大収納」をプラスしています。季節の衣類やレジャー用品などを、丸ごとしまっておけるので、居室はいつもすっきりきれいなままでいられます。大収納のある家の特徴は以下です。

・たっぷりしまえる「大収納」ですっきり、きれいに暮らす
高さ1.4m2階床面積の1/2までの容量の収納スペースを確保しています。

・最高3.8m たてにも広い吹き抜けリビング
「大収納」の高さは1.4mで、2階に設けることから、その分リビングの天井が高くなります。

・「大収納」は床面積に含まれません
「大収納」の高さは1.4mで固定資産税の対象外となります。

株式会社オカザキホームの特徴

「適正価格」にこだわっている

住宅業界の無駄を削る匠の挑戦をしています。また、大手ハウスメーカーのアキュラグループの一員であることで、大手住宅メーカーと地元工務店の良さを融合しています。そして、過去の住宅業界の常識である下請けや孫請けを排除することで、中間マージンをカットしています。

材料については、アキュラグループとして部材の大量一括の購入をしており、物流面では配送センターを設置して、たくさんの合理化を実施することで、トータルコストダウンに成功しています。

住みごこちにこだわっている

オカザキホームは生活動線を考えた間取りの提案をしています。
「家事ラク動線」をしっかり考えることで、主婦(主夫)の歩く距離が1年間で73.74kmも減らすことができます

また収納率・収納効率を提案しています。
住み始めてからの収納不足を事前に解消するために、収納率12%以上のプランをご提案しています。

このように、従来の住宅と比べ、家事が楽になる設備を提案し、時間的にゆとりが生まれるように工夫されています。さらに、浴室暖房乾燥機付きユニットバスの設置により、雨の日でも洗濯物を干すこともでき、食器洗い乾燥機を設置することで洗い物の手間を減らしたりすることもでき、主婦(主夫)の家事が今までよりも、楽になり、家族の時間が増えます

「ライフサイクルコスト」にこだわっている

・太陽光発電の設置をします。
将来を見据えて手入れをラクな仕様にし、家計を助けることができます。また、高断熱性能を使うことにより、冷暖房費の節約ができます。つまり、オカザキホームの家は家計にも地球環境にも優しい家を目指しています。

・メンテナンスの軽減ができます。
一般的な住宅は、メンテナンス費用が約450万円かかります。しかし、オカザキオームの注文住宅は、高耐久屋根材・外装材を使用するため、将来のメンテナンス費用が一般的な住宅より、約240万円もお得になります。そして、30年間で約240万円のお得になります。

・太陽光売電の収入が入ります。
例えば、10kW搭載の場合、35年間で合計約844万円(税込)と太陽光充電収入があります。

「暮らしデザイン」にこだわっている

・デザインコードチェックシステム
自由設計でありしかも一邸一邸の住まいが美しくデザインできる「デザインコード」を開発しています。そのため、トップデデザイナーの技を家づくりに活かせています。デザインコードチェックシステムを使うことで、美しく、快適に暮らせる住宅ができます。

・安心をデザインにします。
「家守り活動」を社員一丸で、顧客対話を重視した訪問活動を行っています。
またオカザキホームには35年の住宅保証があります。安心して暮らしていただけるよう長期保証とサポート体制が万全です。

株式会社オカザキホームの家の性能

株式会社オカザキホームの家の性能についてはどうでしょうか。

耐震等級3相当について

オカザキホームの住宅は耐震等級3まで対応しています。

耐震等級3の場合、震度7クラスの激震でも構造部分の損傷をゼロに抑えることができます。実際に2005年3月に東京・清瀬市にある大林組技術研究所で、(財)建材試験センターをはじめ約200名を集め、実物大耐震実験を実施しています。

実験のために本格的に実際の生活状態の住宅環境を作り上げられました。作られた住宅は、97㎡(約30坪)の2階建てで、室内にはタンスなどの生活荷重として約3トンのウエイトを配置して行われました。この建物に、阪神淡路大震災や新潟県中越地震などで記録された過去最大級の地震波を連続3回再現した実験をしました。つまり、震度7クラスの激震を連続で受けたことになります。

その結果は、接合部の歪み、金物の変形、木材の破損など構造体の損傷はなかったとのことでした。実際に損傷し、住むためには、一部のクロスを張り替える必要があることがわかりました。しかし、裏返せばクロスの張替えのみで再び住むことが可能ということです。
極めて高い耐震性能が実証されました。

制振(震)仕様について

建物の揺れを約1/2に抑える、「制振装置MERシステムPタイプ(オイルダンパー)」を全ての建物に使用しています。

制振装置「MERシステム Pタイプ(オイルダンパー)」を使うことにより、地震が起きた瞬間から揺れを制御することができます。そしてさらに、建物の揺れが増幅することを防ぎます。

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)や阪神淡路大震災の同等の地震では、建物の変形を半分程度に抑え、倒壊のリスクを軽減することができました。

また、熊本地震では、新築住宅が崩壊しましたが、MERシステム Pタイプ(オイルダンパー)を設置した家は無傷でした。実際におこった熊本地震でも、MERシステム Pタイプ(オイルダンパー)効果が実証されました。

防犯対策について

『「狙われない」、「侵入されない」家を守る仕組み』を考えています。

オカザキホームは、家族が安心して暮らせることは家を建てるうえでとても重要と考えています。大切な家族や家財道具を守り、快適に暮らせる家づくりをしています。

防犯ガラス、防犯シャッター、録画機能付きインターホン等の設備を採用しています。これは「狙われない」「侵入されない」家を守る仕組みとなります。また、そのほかにも侵入されにくい窓の大きさやプランのご提案を行っているようです。

株式会社オカザキホームを選ぶメリット

坪単価が安い

オカザキホームは、アキュラグループの一員となっているため、材料につきましては、アキュラグループとして部材の大量一括の購入をしています。そして、物流面でも、配送センターを設置して、合理化を実施しています。

また、住宅業界の常識である下請けや孫請けを排除することで、仲間マージンをカットしています。そのことで、トータルコストを抑えることができて、坪単価がやすくなっています。

地元密着型で安心

オカザキホームは、地元密着型でその土地をよく知る人(社員・職人)がプロとして最善を尽くし、心を込めてつくり上げます。また、地元密着型のため、何年間かごとに定期的に住まいの点検をしてくれますので、修理等も安心して受けられます。

耐震等級3相当で安心

地震大国の日本では「制振装置MERシステムPタイプ(オイルダンパー)」を全ての建物に使用していて、過去の地震や実績により震度7の地震でも壁紙の張替えの修理のみという、耐震等級3相当であることはとても安心して生活ができます。

株式会社オカザキホームを選ぶデメリット

特別超高性能ではない

注文住宅ではありますが、性能や設備に関しては一般的な大手メーカーと同等レベルのものです。特別、超高性能というわけではありません。

特別な高機能を期待する人は費用を追加する必要がありますので、費用を安くしたいと思われる方は高性能な機能については検討が必要となります。もちろん、費用を気にしない方はアップグレードで高性能機能も付けられます。

オプションが高めである

オカザキホームは、アキュラグループの一員でもあり、徹底したローコストをウリにしています。しかし、オプションが少し高めですので、標準以上のオプション機能をつける方にはいかがと思います。

徹底的に思い通りの理想の家を建てるために、オプションを多くつけると結構な費用がかかるころになります。ですので、総合的に、せっかくのローコストでの購入が果たせなくなります。他の工務店やハウスメーカーも比較してもよいかと思います。

株式会社オカザキホームの会社情報

会社名 株式会社オカザキホーム
ブランド名 オカザキホーム
本社住所 〒444-2134 愛知県岡崎市大樹寺1丁目5番地20
設立 2008年7月4日
資本金 5,000万円
従業員数 71名(2020年3月1日現在)
HP https://www.okazakihome.co.jp/

株式会社オカザキホームの対応エリア

中部地方(愛知県)


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク