おすすめのオプションは?注文住宅のオプションの選び方!

マイホームの購入を考えたときに、間取りや内装、設備などに関して、自分たちのこだわりがたくさんある方が注文住宅を選ぶことが多いと思います。注文住宅には、内装の仕上げ方や設備のグレードの違いなど、建築会社によって様々なオプションが用意されています。

では、どのようなオプションがあり、費用は一体どれくらいかかるのでしょうか。

主なオプション工事と費用相場について

室内の壁紙などを標準のものから変更したい場合に、内装の仕上げのオプションを選びます。玄関や洗面所、子供部屋など用途に合わせて壁紙や床材などを選ぶことでこだわりも表現でき、住み心地も良くなるでしょう。

壁紙を変更したい場合には壁一面ではなく、一部分だけを張り替えるアクセントクロスにすれば、10万円前後で収まります。素材をタイルやレンガなどに変更した場合には左官工事が必要となるためクロスよりも価格は上がり、範囲の広さにもよりますが、一部分の変更でも15~30万円ほどかかります

作り付けの棚を設置すれば、建物と一体となった統一感のある壁面収納などを作ることができます。また、既成の家具に耐震器具を取り付けるよりも倒れる心配も少なく安心です。大きさや素材にもよりますが、20万円程度から選べます。

オプションには内装だけでなく外壁や外構などのプランもあります。傷や汚れに強いタイルの外壁にすれば、メンテナンスも楽になりますが、価格は少し高く、150~300万円ほどの費用が掛かります。

ネット通販を利用する頻度が高い場合に選ばれるのが宅配ボックスです。玄関の脇などに置くタイプならば数万円程度で済みますが、門扉の付近に建築段階から作り付ける場合は外構工事が必要となるため、10~15万円程かかるでしょう。

オプション工事はどのように選ぶべき?

住宅展示場や住宅メーカーのカタログなどを見ていると取り入れたくなるような実例がたくさんあります。しかし、それら全部を取り入れることはなかなか難しいです。

では、どのような点に注意してオプション工事は選ぶべきなのでしょう。

まずは部屋や設備ごとに欲しい機能や取り入れたいデザインをあげましょう。玄関、キッチン、リビング、寝室、外構、と設備ごとにカタログなどを見て考えます。次に、その中で優先順位をつけていきます。どうしても必要な機能や設備を優先順位の上位に、そうでないものは余裕があったら検討するリストに入れていきます。

優先順位が決まったら上位のものから詳細を決定していきましょう。予算を考えながら希望に沿うオプションを選びます。工務店の方やメーカーの方のアドバイスも重要になってきますので、信頼のおける建築会社を選んでおくことも大切となります。

追加してよかった!人気・おすすめのオプション

様々な種類がある注文住宅のオプション工事。その中でも、実際に注文住宅を建てた方たちが追加してよかった!と思う人気のオプションをいくつかご紹介いたします。

ウッドデッキ

庭付きのマイホームをせっかく手に入れたのなら、庭に面した窓にウッドデッキを設置するのはどうでしょう。リビングから続く窓に設置すれば、リビングが拡張したかのように広々と見えますし、庭の見えるウッドデッキでティータイムなども理想的です。

パントリー

キッチン横などに設置し、食品などを保存、収納するスペースです。普段使いの食材や調理器具の収納に使えるほか、非常食などの貯蔵庫にも使えます。

浴室暖房乾燥機

梅雨の時期など、洗濯物が乾きにくい時に乾燥させることができますし、冬季に気温が下がりすぎることを防ぐことによる体調不良の対策にもなります。

床暖房

新築の際にこそ導入できるオプションのひとつではないでしょうか。足元からの輻射熱によって冬の時期も快適に過ごせます。

薪ストーブ

自然を取り入れたい、おしゃれで心休まる暖房器具がいい、といった方々が取り入れている薪ストーブや暖炉は、間取りをしっかり考えて設置することで部屋全体、家全体を温めることができます。床や壁を熱から守るためのタイルやレンガなどの炉台を作らなければならないため、建ててからでは導入が難しいと考えられます。

まとめ

新築で注文住宅を建てる!となったときに、あれもこれも取り入れたくなってしまうのはだれしも同じかもしれません。

しかし、この先何年、何十年と住むことになる夢のマイホームです。何が本当に必要なオプションなのか、しっかりとした取捨選択ができることが、快適な住空間を手に入れるためには大切なポイントとなります。

自分たちの希望をしっかりとリストアップして、建築会社との綿密な打ち合わせをしましょう。注文住宅のオプション選びは、長く快適に暮らしていく家を手に入れるために不可欠です。