おしゃれな注文住宅を建てたい!デザイン住宅の費用相場や押さえておくべきポイント

注文住宅を建てるなら、誰もが「おしゃれな家にしたい」と思うはずです。自由度の高い注文住宅であれば、理想的な家を建てられます。

しかし、どうすればおしゃれな家が建てられるか、具体的な方法を知っている人は少ないでしょう。そこで今回は、おしゃれな注文住宅の建て方や費用相場について解説します。

おしゃれな注文住宅を建てるためのコツ

おしゃれな注文住宅を建てるコツは「理想の住宅のイメージを持つこと」「相性の良いハウスメーカーを探すこと」「住宅の外観」「室内の内装」です。

最初に、どんなテイストの家を建てたいのか考える必要があります。注文住宅といっても、自然の素材を活かしたナチュラルテイストや北欧テイスト、和のテイストをアレンジした和風モダン、伝統的なフレンチテイストなど、さまざまな種類があります。

住宅のテイストによって、それぞれデザインに違いがあります。例えば、和風の家と洋風の家では、家の形や色、間取り、ドアを取り付ける位置も変わるはずです。このように住宅のデザインは、家の形から配置まで全て計算されて作られています

おしゃれにするためには、デザインに統一感を出すことがポイントです。仮に和風の家に、洋風の扉があったら違和感を与えてしまいます。あれこれ詰め込んでしまうと、おしゃれさがなくなるのです。おしゃれな住宅を建てたいなら、自分が理想とする家のテイストが何なのかをいま一度考えてみましょう。

次に、相性の良いハウスメーカーを探すことが大切です。ハウスメーカーによっても、得意なテイストと不得意なテイストがあります。さまざまなテイストの住宅建築を幅広く請け負っているハウスメーカーがベストとは限りません。

大手企業にこだわらず、理想の家を実現できそうなハウスメーカーを探しましょう。例えば、和風の家を建てたいのなら、和風建築のノウハウや実績を持っているハウスメーカーに依頼します。おしゃれな住宅を建てたいのなら、専門分野に絞った住宅建築をしているハウスメーカーのほうがおすすめです。なぜならその分野の実績があり技術が高いからです。

さらに、ハウスメーカーに希望を伝えるときは、写真や画像などを見せましょう。言葉だけでは理解しづらい部分も伝えられます。

おしゃれな住宅にするためには、「外観」も重要です。特に面積の大きい住宅の外壁は、住宅の印象を左右します。同じ形の住宅でも、外壁の色によって住宅のイメージが変わるのです。

例えば、白やベージュなら明るい印象を与えますが、ダークブラウンや黒にすると落ち着いたシックな印象になります。何十年も住み続ける住宅だからこそ、外壁は好みの色で飽きない色を選びましょう。

また、常に雨風にさらされる外壁はどうしても傷みやすい部分でもあります。耐久性や機能性も考えて選んでください

おしゃれな住宅を建てるコツの最後は、「室内の内装」です。おしゃれに見せるためには、家具やインテリアのテイストを揃えるとうまくいきます。さらに、部屋の床や壁の色からベースカラーを決めて、それに合わせて家具やラグマットの色を決めるとまとまった印象の部屋になるでしょう。

デザイン住宅の費用相場について

デザイン住宅には「高そう」「費用がかる」といったイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?住宅を建てるときに一番悩む問題が費用です。そこで、デザイン住宅の費用相場について解説します。

国土交通省の「令和元年度、住宅市場動向調査」によると、注文住宅の建築費用の相場は全国平均で3,235万円です。地域によって土地代や建築費用にも違いがありますが、3,000万円以上あればおおむね希望する一軒家を建てることができます。外観にこだわったり、機能的な設備を入れられたり、実現したいことが叶いやすい価格です。

潤沢な予算があればクオリティの高い住宅が建てられますが、現実的には予算は限られています。そのため、ある程度の取捨選択も必要です。そこで、住宅の費用を抑える5つの方法を以下にまとめてみました。

住宅の費用を抑える5つの方法

①複雑な形の住宅にしないこと

複雑な形の住宅にすると、その分建築費用がかかります。住宅は四角形などのシンプルな形にするほうが安くなるのです。また、シンプルな形のほうが、安定感や耐久性がアップします。

②仕様や設備のグレードにメリハリをつけること

住宅用の資材や設備には、安価なものから高価なものまで色々な種類のものがあります。そこで、どんな仕様や設備に予算をかけるのか優先順位を決めましょう。例えば、床暖房にお金をかけるならバスユニットの設備は既製品を選ぶなど、メリハリをつけることで低予算でも理想的な住宅が実現します。

③壁を少なくすること

壁がなければ広く開放感のある空間がつくれます。部屋数が増えれば、その分壁も必要です。しかし、壁を少なくすれば壁を設置する費用が抑えられます。ただし、壁が減った分、住宅の耐震性については考慮してください。

④水回りをまとめること

「キッチンは1階で、お風呂は2階」などと水回りが離れていると配管の設置が複雑になり費用がかかります。水回りを1か所に集中させることで、配管の工事費用を抑えられます。さらに、維持費などのランニングコストも抑えられます。

⑤住宅業者に価格交渉してみましょう

建築事務所、ハウスメーカー、工務店など、どの住宅業者に依頼するかによって費用も変わります。住宅業者を選ぶときは、複数の業者から見積もりをもらって比較して決めるのがベストです。また、「予算内に収めたい」「ここは削りたい」など価格についても業者に相談してみましょう。

まとめ

注文住宅を建てるメリットは、理想を実現できることです。おしゃれな住宅にしたいなら、理想の住宅のイメージを考えましょう。理想のイメージが固まったら、それを実現できるハウスメーカーを探すことが重要です。

注文住宅の価格は、どのような条件を望むかによって大きく変わります。住宅の費用を抑えるためには、どのような生活がしたいのか考えて、設備や資材など予算の配分にメリハリをつけるとうまくいきます。