【2021年01月更新】住友林業の坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページでは住友林業の坪単価に関する情報を掲載しています。

住友林業概要

住友林業は国産木材をふんだんに使用した、自然調和を取り入れたマイホームを手に入れたい方におすすめのハウスメーカーです。大手ハウスメーカーの中でも坪単価は高めの設定となっており、まさに「高級住宅」と言える商品を展開しています。

住友林業のは坪単価が高いだけではなく、商品力はもちろんのこと、営業マンの対応力も高いと評判です。営業マンの提案力も高く、設計やコーディネーターも営業に同行し、お客様の注文住宅ののプランを練ります。他のハウスメーカーでは契約前からコーディネーターや設計士が同行することはまずありません。坪単価は高くなりますが、全体のサービス力にも抜かりないのが住友林業の最大の魅力です。

住友林業の坪単価

住友林業の坪単価は70万円~90万円程度とされています。

日本で家を建てる平均的な坪数は約43坪と言われていますので、仮に坪単価を80万円に設定した場合、住友林業で平均的な家を建てるとだいたい3,400万円以上の費用になります。この費用にオプションや住宅ローン等が加わってきますので、約4,000万円の費用が必要になると考えておいた方が良いでしょう。他の大手ハウスメーカーと比較すると、高級住宅の需要が高いということもあり、わりと高めの坪単価になります。

ただし、注文住宅を建てる時は、最初の建築費用のみに着目してはいけません。建てた家はこの先長く住むことになるので、生活でかかるコストについても考えておくべきでしょう。例えば建築費用は安かったけど、断熱性が低く冷暖房費が余計にかかってしまうことなどが考えられます。

さらに、家を建てる際に盲点になりがちなものが、家のメンテナンス費用です。日本の住宅の平均耐用年数(家の寿命)は約30年程度です。家を建てて30年後に寿命が来て、建て替えが必要になります。その場合、平均で3,000万円もの費用程度かかってしまうのです。住友林業で建てた家なら、構造躯体やべた基礎の耐用年数が75年!外壁の耐用年数も30年~60年となっているので、長い目でみれば、コストパフォーマンスに優れていると言えるかもしれません。

いずれにせよ、住宅を建てるときは、最初の費用だけでなく、今後長年住んでいく中でかかる費用も含めて検討することが大切です。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

商品毎の坪単価

住友林業の人気商品毎の坪単価と特徴を紹介します。

The Forest BFの坪単価

フォレストBF
https://sfc.jp/

フォレストBFの坪単価は80万円程度となっています。

住友林業が得意とする「ビッグフレーム構法(BF構法)」を取り入れ、安全性と居住性のバランスがとれた注文住宅です。ビッグフレーム構法は設計の自由度が高く、耐震性能に優れた住宅を建てることができます。大きな窓や広々としたリビング、大開口や大空間といった設計も可能です。フォレストBFのコンセプトは「四季の愉しみと出会える家。」日本の美しい四季をデザインに落とし込んでいます。家に綺麗な自然を取り入れたいと考えている方におすすめの商品です。

GRAND LIFE(グランドライフ)の坪単価

住友林業_グランドライフ
https://sfc.jp/

GRAND LIFEの坪単価は80万円~90 万円が目安となっています。

住友林業で平屋住宅を建てることができるのが「GRAND LIFE」です。家族が同じフロアで過ごすことにより、家族とほどよい距離感が生まれます。木漏れ日のテラスや懐かしさを感じる縁側、家と外の一体感も平屋ならではの特徴になります。天井へも惜しみなく天然木材を使用しており、平屋の広さを生かすだけでなく、心地よい空間を作り出すことができます。

PROUDIO(プラウディオ)

住友林業_プラウディオ
https://sfc.jp/

PROUDIO(プラウディオ)の坪単価は60万~70万円程度となっています。

PROUDIOは都市部の敷地に合わせた設計をしてくれる注文住宅です。3~4階建てに対応した商品で、BF(ビッグフレーム構法)の構造特性を最大限に活かし、豊かな住空間を実現してくれます。また、3階建て実物大モデルの振動実験で耐震性能を検証済み。耐火性能においても大臣認定を取得しているほど信頼性があります。

DUE CLASSO(ドゥーエ・クラッソ)の坪単価

DUE CLASSO(ドゥーエ・クラッソ)の坪単価は60万円~100万円程度となっています。

共働きの家族の家をコンセプトにしたこの商品は、実際に共働きをしている家族へ「共働きだからこそ」欲しい機能や家の理想を調査して、取り入れられています。共働きだからと言ってすべての家庭が同じ理想を掲げているわけではないので、家庭のスタイルに合わせて3つのタイプを用意。さらに、共働きでネックになることが多い家事をなるべく楽に、そして楽しめるような工夫が詰まっている、まさに共働きのための住まいです。

konoka(コノカ)の坪単価

konoka(コノカ)の坪単価は60万円~100万円程度となっています。

女性向けに開発された、「こだわりたい“個性”を叶える家づくり」をコンセプトにした商品です。理想の住まいとするためにリビングにこだわったこの商品は、女性の理想を詰め込むことで「個」の時間を充実させてくれます。

女性にとって欠かせないメイクをくつろぎながらできる「ドレッサー型洗面台」や、誰もが自然体になれる気に囲まれた空間など女性目線で工夫が施されています。女性が真にくつろげる空間にすることによって家庭が楽しめる空間になるので、専業主婦の家庭などには特におすすめの商品です。

住友林業の特徴

木造住宅をメインとしたハウスメーカー

住友林業は社名の通り、「木」をメインに取り扱うハウスメーカーです。また、住友グループということもあり、クオリティと安心感といった面では評価も高いメーカーです。

木へこだわりは間違いなく本物であり、木造住宅でかつおしゃれな注文住宅をお求めの方には是非おすすめしたい一社です。実際に住友林業で家を建てた人の決め手も、「木の質感」と回答した方が6割以上と最も高いので、木に囲まれた住まいにしたいという方はぜひ検討してみてください。

高級志向でありブランド力もある

住友林業は大手ハウスメーカーの中でも「高級志向」向けの商品を展開しており、いわばブランド品みたいなところに位置づけされるハウスメーカーです。

その分坪単価は他のメーカーと比較すると高くなりますが、住友林業には1級建築士の在籍数も多く、見た目だけでなく内部のクオリティまでもしっかり満足のいく商品を提供してくれます。

自由設計で理想の住まい

人生の中で最も大きな買い物の1つであるマイホームは、せっかくなら理想にとことんこだわってみたいですよね。しかし、一般的には規格された間取から選んでいくというものが多く、自分のこだわりを必ずしも反映することができるわけではありません。住友林業は自由設計のハウスメーカーとなっているので自由度が高く、自分の理想を反映することができます。マイホームへのこだわりが強い人には最適なハウスメーカーです。

しかし、あまりこだわりがない場合は、メーカーから大胆なプランを提案してくれるわけではないので、結局規格住宅のような仕上がりとなってしまいます。そうなってしまうと自由設計のメリットが活かせず、規格住宅と同じような設計なのに費用だけ高くなってしまうので、あまりこだわりがない人はもう一度考えてみた方がいいでしょう。もちろん、商品が気に入ってぜひマイホームにしたいという方も、検討してみてください。

家の性能

耐震性能が高い家づくり

住友林業は、耐震性について特に力を入れています。住友林業の注文住宅は、標準仕様でも耐震等級3を実現しており、耐震等級の中では最高数値となります。耐震等級3は他のハウスメーカーでも実現可能ですが、設計に制約が多くなり自由度が下がります。その反面、住友林業は耐震等級3を維持しつつも、制約が少ない自由設計を実現することができます。

高い断熱性で魔法瓶のような住まい

住まいを快適な場所にするためには、断熱性能は欠かせません。断熱性能の低さは、外気の影響を強く受けるだけでなく、冷暖房による光熱費の高騰やヒートショックの原因などさまざまな問題を引き起こします。

断熱材として確かな性能をもつグラスウールを、従来のものより微細で密度を高めたものを採用。より熱を伝えにくくするので、高い断熱性が実現しています。また、外気の影響を最も受けやすい窓にはアルゴンガス入りの「Low-E複層ガラス」を採用。一般的な1枚ガラスと比較して熱の伝わりが80%も低減します。

家全体を断熱材で包み込むことで構造体を魔法瓶のようにし、寒冷地に求められる性能と同水準の断熱性を発揮しています。

長期安心の耐久性

住まいは購入費用だけでなく、年月が過ぎて劣化したときのメンテナンス費用も頭に入れておかなければなりません。格安でマイホームを建てたとしても、建材の質が低くて早いサイクルでメンテナンスを行うと、総合的に結局高額な費用となってしまいます。

住友林業の住まいは、構造躯体やべた基礎の耐用年数が75年。雨風や紫外線に長年にわたってさらされる外装も耐用年数が30年~60年となっているので、短いスパンでのメンテナンスを必要としません。メンテナンス費用を最小限に抑えることで、総合的なコストダウンが実現しています。

また、床下の湿気・シロアリ対策も万全。全面鉄筋コンクリートのべた基礎と防蟻防湿フィルムによってそれぞれの被害を防ぎます。

住友林業を選ぶメリット

施工工事の7割を自ら行っている

一般的に、施工工事はハウスメーカー自ら行わず下請けに依頼したり、フランチャイズ契約を結んだ加盟店に依頼することがほとんどです。下請けや加盟店に依頼するメリットも多いですが、同時に施工の質にばらつきがでたり、中間マージンが発生するなどのデメリットが多く発生するのも事実です。しかし、なかなか依頼された工務店の評判まで調べたりするのは大変なもの。かといってせっかくのマイホームの質が悪いのも避けたいですよね。

住友林業は施工工事の70%を直接行っています。もちろん施工技術の評判もいいので安心でしょう。

アフターサービスが充実している

頑丈に建てられた住まいでも劣化は避けられず、また災害など自然からの影響はいつ起こるか分かりません。

その点、住友林業は24時間365日対応のコールセンターを用意。トラブルや修理の相談などがリアルタイムで行うことができます。また、30年の初期保証が用意されており、有料のメンテナンス工事を行うことで最大さらに30年間の延長が可能。業界でもトップクラスの保証期間は魅力的です。

新しいZEH住宅

ZEHとは家で使用するエネルギーより家で作り出すエネルギーの方が多くなり、実質的にエネルギーゼロで暮らすことができる家のことです。こちらは国が積極的に推進しているものですが、住友林業でも対応しています

住友林業であれば、住友林業オリジナル構法であるBF構法と組み合わせることで「経済性」「健康」「防災」の3つのメリットを享受できます。生活コストを抑えて、1年中快適で健康的な暮らしができ、もしもの時は自宅で避難生活ができる、そんな家を実現しています。

住友林業を選ぶデメリット

費用が高い

住友林業は自由建築であり、性能が高い家を建築するため、一般的なハウスメーカーよりも坪単価が高くなっています。しかし、大手ハウスメーカーで比較すれば飛びぬけて高いというわけではありません。自分が理想とている家はどんなものかしっかりと吟味して、予算と合わせて検討すると良いでしょう。

コンセントやスイッチなどの設置場所がに困ることがある

住友林業独自の構法であるBF(ビッグフレーム)構法によって、大きな窓や自由な空間を作ることができますが、壁の面積が少なくなり、強度の関係上コンセントや電気のスイッチなどを設置できる場所が限られてしまいます。特にコンセントは「どこに」「いくつ」必要かは、実際に住んでみないとわからない部分があります。この部分については、家を建てる前に一度しっかり話し合ってみることをおすすめします。

会社情報

会社名 住友林業株式会社
ブランド名 住友林業
本社住所 〒100-8270 東京都千代田区大手町一丁目3番2号(経団連会館)
創業 1691年(元禄4年)
資本金 32,752百万円※2019年3月31日現在
従業員数 13,676名(2020年3月31日現在・連結)
HP https://sfc.jp/

この会社の対応エリア

全国(沖縄県を除く)


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク