【2021年01月更新】スウェーデンハウスの坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページではスウェーデンハウスの坪単価に関する情報を掲載しています。

スウェーデンハウス概要

スウェーデンハウスは名前からも連想できるように、スウェーデンの輸入住宅を取り扱っているハウスメーカーです。スウェーデンは北欧の寒い地域なので断熱性の技術をいち早く取り入れており、高気密・高断熱が重要視されています。スウェーデンで生産が行われているので北欧テイストの住宅となっており、北欧デザインが好きな方から高い人気があります。輸入住宅のため少々価格は高めとなっていますが、北欧の住宅が気になる方はぜひ検討してみてください。

スウェーデンハウスの坪単価

スウェーデンハウスの坪単価は80万円~100万円程度となっています。

スウェーデンからの輸入住宅ということもあり大手のハウスメーカーと比較しても坪単価が高く、一般の家庭ではなかなか手が出しにくい価格帯となっています。坪単価80万円程度の住まいを建てるとすると、日本で家を建てる平均的な坪数は約43坪といわれていますのでだいたい3500万円弱の費用になります。この費用にオプションや住宅ローン等が加わってきますので約3900万円の費用が必要になると考えておいた方が良いでしょう。

坪単価はなぜ高い

スウェーデンハウスの坪単価が高い理由はいくつかありますが、最大の理由はスウェーデンから輸入しているという点でしょう。断熱材やトリプルガラスの木製サッシをはじめ、水回りなどの設備にもオリジナルの設備が使用されています。それらの設備も輸入によって仕入れているので、その分のコストが坪単価を跳ね上げています。

しかし、ただ高いだけでなく、それだけの見返りもあります。計画換気システムや日本トップクラスの気密・断熱性能100年住み継げるほどの耐久性など、コストに見合っただけのリターンをもたらしてくれます。実際にスウェーデンハウスは、実際に購入した人からも高い評価を受けており、一生に一度の大きな買い物で損をする可能性は低いでしょう。

また今日では、若い世代向けの高機能住宅なども手掛けており、リーズナブルな商品を取り扱っていくという動きもあるので、ぜひ注目したいハウスメーカです。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

商品毎の坪単価

スウェーデンハウスの人気商品毎の坪単価と特徴を紹介します。

ミュークの坪単価

ミュークのイメージ
https://www.swedenhouse.co.jp/

ミュークの坪単価は80万円〜100万円程度となっています。

ミュークはスウェーデン語で「やわらかい」という意味があり、「つよく、やさしく、やわらかく」と解釈することで、意志を持ってしなやかに生きる女性を象徴するキーワードにとらえた商品です。

ミュークには5つのポイントがあり、それぞれ自然に集まり家族がふれあう「ファミリールーム」。パブリックな性格を持ち、おもてなしを楽しむ「リビングルーム」。スウェーデン語で「お茶をする」という意味の、好きなものに素顔で向きあう場としての「フィーカ」。自然を身近に感じ、その恵みをいただく家庭菜園の「コロニーロット」。家族の思い出をめくる時間を大切にする「ライブラリー」。これらは、何気ない日常をとても楽しそうに話すスウェーデンの女性の在り方から学んで作られています。

悠の住処の坪単価

悠の住処のイメージ
https://www.swedenhouse.co.jp/

悠の住処の坪単価は75万円~90万円程度となっています。

ワンフロアでバリアフリー設計となっているゆったりとした平屋に、間仕切りの少ないゆるやかにつながった空間は家族との一体感を感じさせてくれます。スウェーデンハウスの特徴である高気密・高断熱はもちろん悠の住処にも取り入れられており、外気に触れる面積が多く、影響を受けやすい平屋でも1年中春のような心地よさを感じることが可能です。

また、庭や自然と近いのが平屋ならではの特徴です。より自然を身近に感じれるよう外と内をつなぐ「窓」にこだわり、木枠の窓にすることで外の風景をまるで額縁に飾るように楽しむことができます。自然と調和するデザインの悠の住処はまるで、森にいるような特別な毎日を提供してくれます。

サキタテの坪単価

サキタテのイメージ
https://www.swedenhouse.co.jp/

サキタテの坪単価は65万円~80万円程度となっています。

サキタテは、高級なスウェーデンハウスの商品の中でも比較的安めの価格設定で、20代の夫婦に向けた商品です。コストダウンしても、性能は他の商品そのままに快適な住まいとなっており、もちろんサポートシステムも変わりません。20代の夫婦向けとなってはいますが、高級なスウェーデンハウスの商品を比較的安く購入できることから他の世代にも人気となっています。

シンプルで広々とした間取りは可変性が高く、家族構成やライフスタイルに応じた自由自在の間仕切りが可能です。洗濯物は一般的に2階で干す家庭が多いですが、水まわりが2階にまとまっているので洗濯してから干してしまうまでスムーズな家事動線となっています。大量に食材をストックすることができる大きなパントリーや、玄関にはベビーカーなどもしまえるシューズクロークなど収納性も抜群な新生活を支える設計です。

ヒュースエコゼロの坪単価


https://www.swedenhouse.co.jp/

ヒュースエコゼロの坪単価は80万円~100万円程度となっています。

ヒューズエコゼロは標準仕様のままZEHの性能をクリアしたエコハウスです。ZEHとはエネルギーの消費を最大限抑えつつ、自宅でエネルギーをつくることでエネルギー収支ゼロを目指した住宅のことで、国が推奨している未来の住宅です。スウェーデンハウスの住宅はZEH住宅に欠かすことができない断熱性が高いレベルで備わっているので、一般的な住宅と比べてわずかな太陽光発電でZEHにすることができます。そのため、屋根の形状も他の商品そのままに、こだわりの外観を実現

長く住むマイホームだからこそ、未来スタンダートな仕様で高性能な住まいづくりがおすすめです。

ヒュースプレミエゴーデンの坪単価

ヒュースプレミエゴーデンのイメージ
https://www.swedenhouse.co.jp/

ヒュースプレミエゴーデンの坪単価は80万円~100万円程度となっています。

ヒュースプレミエゴーデンは、スウェーデンハウスが誇るトップレベルの住宅性能に支えられた豊かな日々を、さらに上質へと昇華させた高級邸宅です。その高い性能を活かしたコンバーチブルガーデンという、庭を屋内にまで取り込んだ空間は人と自然を限りなく近づけます。

スウェーデンハウスは自然との調和を大切にしているので、あえて過度なデザインはしません。無駄をそぎ落としたデザインは、年月とともに深みが加わる風景の中で、家族を支えてくれるでしょう。もちろん、デザイン性が低いといったようなことはなく、北欧のデザイン哲学をベースにしたインテリアデザインまで、日々の暮らしをトータルにデザインしてくれます。

メーカーの特徴

孫世代まで受け継ぐことのできる品質

スウェーデンには「親の代で家を建て、子の代でサマーハウス(別荘)を、さらに孫の代ではヨットを。」いう言葉があるほど、家を住み継いでいく良質な資産として扱っています。スウェーデンハウスもこれをもとに、「世代を超えて住み継げる家を届けたい」という理念から高性能なワンスペックの家をつくり続けているのです。

100年家族を守り続ける強い家を創業当時からコンセプトに作り続けているので、基本構造は不変となっています。そのため、将来的に傷みや不具合が起きたとしても、その部分を補修するだけで長く住み続けることができるのです。世代を超えて住み継いでいけると考えると、少々値は張りますがそれだけの価値がある住まいといえるでしょう。

50年間無料定期健診システム

人が暮らす住宅にも寿命があり、日本の家は平均的な寿命が30年前後といわれています。より長く住み続けるためには定期的な点検やメンテナンスが欠かせませんが、多くのハウスメーカーは長くても30年程度が保証期間となっています。一方スウェーデンハウスが行っているのが50年間の無料定期検診システム

長く住み続けることができる家を建てるだけでなく、その後半世紀にわたって見守り続けてくれます。どんなに丈夫な家でも、何かしらの原因によって不具合が生じる可能性は0にはできません。そして、その不具合に気づくことなく放置し続けると後に莫大な修繕費を必要とするリスクも生まれます。不具合の早期発見のためにも、定期的なアフターサービスは魅力的ですね。

北欧スタイルのデザイン

スウェーデンハウスの大きな特徴はやはり北欧デザインでしょう。

スウェーデンの住宅を日本人が住みやすいようにアレンジしているので、日本にいながらまるで海外のような特別な空間を楽しむことができます。北欧のデザインが好きな方は、検討してみる価値があります。自然と人が近い距離で暮らすという点にもこだわっているので、ガーデンやインテリアにも多くの工夫があります。

マイホームを本当に心地よい空間にするために、ゆったりとした時間の流れるスウェーデンハウスの住宅はおすすめです。

家の性能

スウェーデンハウスの家の性能についてはどうでしょうか。

耐震性について

スウェーデンハウスの住宅は、日本の地震にも対応できるのかと疑問に感じる人もいるかもしれませんが問題はありません。2003年に行われた大規模な振動実験では、阪神・淡路大震災の2倍にあたる1,636ガルの振動をはじめとした計19回の震度6以上の揺れの後でも、補修を必要としない状態で生活空間が守られています。

これを実現しているのがモノボックス構造とよばれる、従来の軸組構造とは違い床・壁・天井の6面で地震の揺れを受け止め、分散させる構造です。従来の軸組構造では各々の接合ぶに衝撃が集中してしまい、ダメージを受けやすくなっていましたが、モノボックス構造にはその心配がありません。

断熱性について

スウェーデンハウスは日本の住宅メーカーの中でもいち早く「全棟高性能保証表示システム」という断熱性・気密性を表すシステムを導入しており、その断熱性能は日本のハウスメーカーの中でもトップクラスです。元々スウェーデンは北欧の寒い地域にあり、スウェーデンハウス自体も北海道からスタートしたことから断熱性には並々ならないこだわりと自信があります。

家全体を分厚い断熱材で隙間なく囲みこむことによって外気をシャットアウト。まるで魔法瓶のような高性能な断熱構造となっています。また、外気からの影響を強く受けやすい窓には「3層ガラス」を採用。ガラスの中空層にアルゴンガスを注入することでより高い断熱性を実現しています。さらに窓枠はアルミサッシなどの金属が一般的ですが、アルミサッシに比べて約1,700倍の断熱性能を誇る木枠のサッシによってダブルの断熱性能となっています。

耐火性について

スウェーデンの耐火性能は省令準耐火構造が標準仕様となっており、一般的な木造住宅と比較して防火性能は優れています。火に強い木と不燃材料を使うことによって優れた耐火性を発揮。火災が起きても、燃え広がりにくい工夫が施されています。省令準耐火構造の住宅は保険会社が信頼する条件となっており、火災保険が半額以下にまで抑えることができるのも魅力的でしょう。

スウェーデンハウスを選ぶメリット

長く快適に暮らすことができる

スウェーデンハウスのメリットは北欧デザインのオシャレさと「100年住み継ぐことができる」という高い性能を兼ね備えていることでしょう。

北欧デザインの外観は日本では珍しく、こだわりの外観は人の目を惹きつけます。外観だけでなくインテリアもトータルサポートしてくれるので、非日常感のあるゆったりとしたオシャレな空間に仕上がります。時代によって流行りは移り変わっていくものですが、北欧スタイルは廃れづらく未来まで飽きないマイホームとなるでしょう。

また、スウェーデンハウスの住宅を語る上で、その高い性能は外せません。前述のとおり、他のハウスメーカーに先駆けて「全棟高性能保証表示システム」を導入したスウェーデンハウスはその高い気密性・断熱性には定評があり、日本でもトップクラスの性能です。もちろん断熱性以外の性能も高く、その1つに耐久性があります。スウェーデンでは家は次の代へ引き継いでいく資産なので、日本の住宅と比較すると多くの劣化しない工夫が施されています。その秘密は通気工法にあり、構造躯体を乾燥状態に保ち続けることによって、木が劣化しないように工夫されています。

スウェーデンハウスのデメリット

坪単価が高い

スウェーデンハウスの最大のデメリットは、何といってもその坪単価の高さにあります。

坪単価が80万円~100万円というのは一般的な工務店してはるかに高く、誰でも手が届くような金額ではありません。最も安い商品でも、大手のハウスメーカーの中でグレードの高い商品程度の価格設定となっているのは少々敷居が高いと感じてしまうでしょう。

間取りに制約が多い

スウェーデンハウスは、創業以来変わらない基本構造を採用していることもあり、間取りに多くの制約があります。ハウスメーカーの商品に間取りの制約ができるのはスウェーデンハウスに限った話ではありませんが、価格帯が高いからこそ、もう少しこだわってみたいという人もいるでしょう。使用している木質パネル鵜の関係もあり60㎝単位での調整しか行うことができないので、完全自由設計で間取りにもこだわりたい方には向いていないかもしれません。

会社情報

会社名 スウェーデンハウス株式会社
ブランド名 スウェーデンハウス
本社住所 〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー23F
創業 1964年
資本金 4億円
従業員数 850名人
HP https://www.swedenhouse.co.jp/

この会社の対応エリア

北海道
東北地方(宮城県)
関東地方(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県)
中部地方(新潟県、石川県、富山県、福井県、長野県、静岡県、愛知県)
近畿地方(兵庫県、滋賀県、大阪府)
中国地方(広島県)
九州地方(福岡県、大分県、長崎県)


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク