注文住宅は耐震住宅がおすすめ!耐震住宅のメリットとデメリットを紹介

世界有数の地震大国と言われている日本。過去にも地震による大災害が起こっています。日々小さな地震も起きており、南海トラフ地震が起きる可能性があるとも言われています。

地震が多い日本では、地震が起きても身を守れるように住宅には地震対策が不可欠です。その中でも一戸建てで一般的なのが耐震住宅。詳しく見ていきましょう。

耐震性能と免震性能の違い

耐震性能とは建物を強固にし地震に耐える構造のことです。揺れに耐えるように工夫されており、大地震でも建物が倒壊しないように耐力壁や太く頑丈な柱・梁で建物自体が地震に耐えうる強度の構造で作られています。

一般的に日本の建物は耐震性能で建てられていることが多いです。

免震性能とは地震による揺れを直接伝わらないようにするための方法です。

建物と地面の間に免震ゴムなどの「免震装置」というものを設置して地面と建物を離すことによって地震の揺れを吸収して軽減させます。地震の揺れは免震装置に伝わり、住宅には直接伝わらないようになっているのです。

揺れにくいため家具の転倒などの建物内部のダメージが大幅に軽減されます。免震住宅は装置の設置に高額な費用がかかることと、定期的なメンテナンスが必要なことがデメリットです。

耐震性能の高い注文住宅を建てるポイント

耐震等級を決める

耐震性能には等級があります。ハウスメーカーや工務店がどの等級の住宅を建てることができるのかは前もって確認しておきましょう。耐震住宅3を基準としていると安心ですね。

耐震等級1:建築基準法の規定どおりの強さ

耐震等級2:建築基準法の1.25倍の強さ 例)学校の校舎、避難所

耐震等級3:建築基準法の1.5倍の強さ 例)警察署、病院

この建築基準法というのは震度5強までだと建物の機能を保持でき、震度6強から7までの地震であれば倒壊、崩壊までは至らないように設計されています。

地盤を確認する

耐震等級をクリアしていても地盤が弱ければ建物は被害を受けてしまいます。

事前に地盤調査をしっかりと行い、もし地盤が弱ければ地盤補強をするようにしましょう

住宅メーカーを決める際から耐震性能についての知識を持っておく

耐震性の高い家にしたければ耐震等級2か3を採用しているメーカーを選ぶようにしましょう。そして設計の際もこの間取りで耐震性は大丈夫であるか、その都度確認するようにしましょう。

例えば広いリビングの場合、柱を真ん中の方に立てないと支える力がなくなります。こういった提案をしてもらえない場合は自分で聞くようにして不安がないようにしておきたいですね。

耐震住宅のメリットとデメリット

耐震住宅にはメリットとデメリットが存在します。メリット・デメリットについてそれぞれ見てみましょう。

耐震住宅のメリット

・最も一般的な性能である
現在の建築基準法に従って建てることができ、低コストです。ほぼ全ての住宅で耐震住宅なので、追加費用がかからないことが多いです。対応している業者も多く安心です。地震に備える性能には耐震のほかに、免震、制震がありますが、これらは設置に数十万から数百万円かかるのと、工期が長くなります。

・激しい地震でも建物を倒壊から守ることが出来る
建築基準法に基づいて建てるため、最も低いレベルである耐久等級1でも震度7までの地震も倒壊、崩壊まで至らないようになっています。更に安全性を求めるのであれば耐久等級3だと耐久等級1よりも1.5倍の強さがあります。

・設置制限がない
耐震住宅だと地下室が設置できるため、設計の自由度が上がります。

・台風に強い
強風や台風ではほとんど揺れはありません。台風が多い地域にはおすすめです。

耐震住宅のデメリット

・揺れが伝わりやすい
地震の揺れがダイレクトに伝わるため激しい揺れを感じます。揺れによって怪我をする危険性も高まります。その際建物だけでなく、家具なども転倒、破損する可能性があるため、修繕したり新しく買い換えたりする際はコストがかかります。

・二次被害のリスク
揺れを強く感じるため、家具が転倒することがあります。その場合家具にあたって怪我をしたりする可能性があります。実際大地震では家具の下敷きになったり壁に圧迫するケースもありました。新しく建てる家であれば耐震性能はついているのでこのようなことはないと思いますがリスクには備えておきましょう。

・繰り返しの地震に弱い
地震に耐えることはできますが繰り返しの地震にはダメージを受けやすいです。ダメージを受けた際、最終的に建物地震を修繕しなければならないこともあります。

・建物の上部にいくほど揺れが強くなる
遠心力と同じ原理で、揺れが2階、3階にいくほど強くなります。

まとめ

日本は地震が多い国ということもあり耐震性能が初めからついている住宅メーカーが多いことは安心です。

強い地震にも耐えることができ、コストも抑えることが出来る耐震性能はほとんどの人が採用しています。加えて免震性能もオプションとして選択してみるとよいでしょう。