10坪の家を建てる際のポイントと注意点

広さがあるとは言えない10坪の家ですが、さまざまな理由から10坪の家を建てる人もいるはずです。しかし、「家は広ければ良い」と単純に考えられるものではありません。

10坪しか居住スペースがとれなくても、アイデア次第では住みやすい家をリーズナブルに建てられます。そこで今回は、10坪の家を建てる際の注意点やポイントを解説します。

10坪家を建てる際の価格相場

「いくらあれば家を建てられるのか」気になる人もいるはずです。そこで、10坪の家の価格について解説します。

どんな家を建てるかにもよりますが、10坪の家の価格相場は1,200~2,000万円です。一般的な戸建て住宅の価格相場2,000~3,300万円と比較すると安いですが、坪単価は10坪の家のほうが高くなります。

坪単価とは1坪当たりの建築費用です。条件によっても異なりますが、10坪の家の坪単価は50~70万円ほどになります。坪単価が高くなる理由は、家の建築に手間がかかるからです。

10坪の家のほとんどは、2~3階建てにしたり、地下室を設けて住居スペースを確保しています。縦に長い家になると、その分の階段の設置や耐震対策などの費用がかかるのです。

また10坪の家は狭い土地に建てられるケースが多く、大型の建築機械などが使えなかったり、資材を置く場所がなかったり、作業するための足場が組むスペースがない場合もあります。

これらの問題は、小型の機械を使う、資材は少しずつ搬入する、職人を増やすなどの方法で解決できますが、そのための施工費や人件費などが必要です。その結果、10坪の家はどうしても坪単価が高くなります

しかし、10坪の家を建てることはデメリットだけでなく、メリットも多いのです。10坪の家は土地代、登記費用、固定資産税、土地計画税などが安く、初期費用が抑えられます。家は建てた後も維持費がかかりますが、10坪の家なら税金や諸経費が安く済みます。都市部や駅の近くなど、立地のよい場所にマイホームを持てることもメリットです。

10坪の家でも快適に過ごせるおすすめアイデア

坪の家では「限られたスペースをどう活用するか」を考える必要があります。狭く感じる部屋でもアイデア次第で広く見せられますので、10坪の家でも快適に過ごせるおすすめの方法を解説しましょう。

◆吹き抜けをつくる

部屋の閉塞感を回避するには、吹き抜けをつくるのがベストです。階段やリビングなどに吹き抜けがあると、視線が縦に流れるため部屋を広く見せられます。中庭を設けると光が取り込め、開放感ある明るい空間を演出できるので参考にしてください。

◆仕切りを減らす

空間を細かく区切ると部屋は狭く感じ、反対に壁などの仕切りを減らせば広い空間に見せられます。必要なときに動かせるカ―テンやパーテーションを使ったり、引き戸などの可動式の仕切りを利用するのもおすすめです。

◆ステップフロアにする

ステップフロアとは、床の一部に段差を付けることで空間を広く見せる方法です。部屋の中に段差があることで、視界が縦に広がるため部屋の印象も変わります。ステップフロアの下部は収納スペースとしても利用可能です。

◆コーナーを閉ざさないようにする

部屋を広く見せるためには、錯覚を利用して部屋に奥行きを出しましょう。家の隅や角のコーナー部分にガラス戸や鏡を取り付けると、目線が壁から外れるので圧迫感がなくなります。

◆デットスペースを活用する

限られたスペースを有効に使うためには、デットスペースも見逃せません。階段下をトイレや収納スペースにしたり、廊下をなくしてその分部屋を広くするなど、デッドスペースを活用しましょう。

10坪の家を建てる際の注意点

誰しも家を建てるなら、後悔するような失敗は避けたいと思うものです。そこで、10坪の家を建てる際の注意点について解説します。

◆動線が悪い

動線とは、室内を移動する人の動きのことです。動線を考えておかないと、移動や家事の効率が悪くなります。例えば「1階で洗った洗濯物を、2階に干す必要があり疲れてしまう」などです。間取りを決めるときは、生活動線についても考えましょう。

◆空調の効率が悪い

吹き抜けやリビング階段を設置すると、エアコンの効きが悪くなるケースがあります。吹き抜けやリビング階段には、部屋を広くおしゃれに見せる効果がありますが、仕切りがないと空気が逃げてしまい冷暖房の効率が悪くなるのです。快適な室温を保つためにも、エアコンの位置はよく考えるようにしてください。

◆部屋が暗い

住宅が密集しているなど、周辺環境によって光がさえぎられると、日中でも暗い部屋になります。窓の数を増やしたり、天窓をつけたり、採光にも工夫が必要です。

◆収納スペースがない

限られたスペースしかない10坪の家では、収納スペースが足りなかったり、必要な場所になかったりと収納の問題が起こりがちです。収納スペースについては、設計の段階から考えておくことが大切です。10坪の家なら壁面収納や床下収納、階段下収納、ロフトなど、工夫次第で収納スペースを増やせます。

◆隣家の音が気になる

家と家の距離が近いと、どうしても声や音が響きがちです。生活音が近隣トラブルを引き起こす可能性もあります。プライバシーを守るためにも防音対策をしておきましょう

まとめ

坪の家には立地や税金など多くのメリットがありますが、10坪の家だからこそ注意が必要なポイントもあります。暮らしやすい家にするためには「どのような生活がしたいのか」をイメージすることが大切です。限られたスペースしかない10坪の家でも、アイデアや工夫次第で快適な住まいにできます。設計士など専門家の力も借りて、理想の家を実現しましょう。