20坪の注文住宅を建てた際の間取りと費用相場

「小さくても住み心地のよい家を建てたい」と、平屋の建築を考えている人もいるのではないでしょうか?20坪は一般的な住宅の広さとしては大きくありませんが、20坪の平屋でも間取りなどを工夫することによって快適に生活できます。

そこで今回は、20坪の平屋を建てた際の間取りと費用相場について解説します。

20坪ってどのくらいの広さ?

「20坪」と聞いても、どのくらいの広さかピンと来ない方もいらっしゃることでしょう。まずは分かりやすく広さから解説します。

1坪は1辺が1.82mほどの正方形で、約3.3平米(㎡)です。1坪を畳で表すと2帖分になりますから、20坪は約66平米、畳40帖分の広さとなります。

とはいえ「66平米」と言われてもまだピンとこない人もいるかも知れません。広さをイメージしやすいように、他の建物と比較してみましょう。

・ホテルのセミスイートルーム…約54平米

・一般的な小学校の教室…約64平米

66平米の20坪は、上記と比較すると少し大きめの広さです。20坪の住宅ならカップルや夫婦が2人で暮らす場合や、夫婦と小さい子どもが生活する場合なら最適な広さと言えます。

ただし20坪の住宅を建てたいなら、土地の探し方には注意しましょう。なぜなら20坪ちょうどの土地では、20坪の住宅が建てられないからです。敷地面積があっても、「建ぺい率」によって建てられる住宅の広さは制限されます。

建ぺい率とは敷地面積に対する建築面積の割合で、その土地にどれだけの広さの建物を建てられるかを表す数値です。例えば、建ぺい率が80%の土地の場合、100坪の敷地には80平米の建築面積の建物が建てられます。

建ぺい率は都市計画法に基づいて、地域ごとに30~80%に設定されているため、建ぺい率が低い土地を選ぶと狭い住宅しか建てられません。20坪の住宅を建てたいなら、20坪の住宅を建てられる建ぺい率の土地を探しましょう

20坪の平屋だとどんな間取りが可能?

平屋とは2階部分がない1階部分のみの住宅のことです。平屋の間取りがどんなものか、気になる人も多いでしょうから、20坪の平屋の間取りについて解説します。

20坪の平屋なら1LDK、2LDK、3LDKの間取りが可能です。例えば、16畳のリビングダイニングキッチンと6畳の和室、8畳の寝室の2LDKや、12畳のリビングダイニングキッチンに6畳の洋室、5畳の洋室、4.5畳の和室の3LDKなどにできます。

ワンフロアで生活できることが平屋の魅力ですが、その中に生活空間が集中するため間取りは慎重に考えなければなりません。特に平屋の間取りで注意するのは「採光」と「狭さ」です。

平屋はどうしても面積が横に広がるため、部屋の中心に光が届きにくくなります。また、20坪の平屋の限られたスペースでは、家具や家電などを置くと生活スペースが狭くなってしまうのです。

採光がうまくいかず室内が暗くなったり、部屋が狭くなってしまうのを防ぐためには、平屋の間取りはできるだけシンプルにしましょう。

平屋の間取りを考えるときは「動線」をチェックすることも忘れてはいけません。動線とは、部屋から部屋へ移動する人の動きのことで、室内での移動がスムーズにできるか考える必要があります。平屋でも暮らしやすい間取りにするためには、一直線になる動線、または円状になる動線がベストです。

また、「収納スペース」についても考慮する必要があります。平屋は2階建ての住宅と比べると収納スペースが限られているので、間取りを決めるときに収納スペースも確保しておきましょう。平屋なら屋根裏部屋を収納スペースとして活用する方法もあります。

20坪の平屋を建てた際の費用相場

多くの人が気になるのが住宅の建築費用ではないでしょうか。そこで、20坪の平屋の建築費用の相場を解説します。

平屋の建築費用は、延床面積や依頼するハウスメーカー、間取り、設備によって異なりますが、20坪の平屋で1LDK場合は900~1,000万円、2LDK~3LDKの場合は1,000~2,000万円が相場です。

2階建て住宅の建築費用と比べると、1階しかない平屋の方が安く済むと思う人もいるかも知れませんが、必ずしも「平屋の方が安い」とは言い切れません。

2階建て住宅に比べて、平屋は構造的に基礎工事の面積や屋根の面積が大きくなります。平屋には、大きくなった面積分の素材費や施工費がかかるので、建築費用が高くなってしまうのです。

そんな平屋でも、工夫すれば建築費用を抑えられます。建築費用を削減するポイントは、「外観や間取りをシンプルなものにする」「設備や仕上げ素材のグレードを見直す」「建具を減らす」ことです。

住宅の外観や間取りを複雑な形状にすると、素材費や施工費が高くなります。外観や間取りをシンプルにすれば費用が減らせるのです。

また、キッチンやシステムバスなどの設備や、外装や内装の仕上げ素材のグレードを見直してみましょう。どの部分にお金をかけるのか、予算の配分を考えることが大切です。

さらに、建具を減らすと建具本体の費用や施工費がカットできます。例えば、クローゼットの扉をなくしてオープンタイプの収納にする、洗面所と脱衣所の仕切りをカーテンにするなどです。

しかし、極端に費用を削ってしまうと住宅の満足度も下がってしまいます。予算の配分を考えるときは、「どんな平屋に住みたいのか」を具体的にイメージして、お金をかける部分と削る部分を決めましょう。

まとめ

「広い家は必要ない」と考える人にとって、平屋の暮らしやすさは魅力的です。間取りを工夫すれば、家族が増えても快適な生活ができます。

理想的な20坪の平屋を建てるためには、信頼できるハウスメーカーに依頼することが大切です。まずは、平屋の建築実績があるハウスメーカーを探してください。さらに、複数のハウスメーカーを比較して選ぶと、自分に合ったハウスメーカーを見つけられるでしょう。