40坪の注文住宅を建てた際の間取りと費用相場

自由に設計できる注文住宅なら、理想通りのマイホームも夢ではありません。しかし、「40坪の家を建てたい」と思っても、具体的にイメージできる人は少ないのではないでしょうか?

そこで今回は、40坪の注文住宅を建てた際の間取りと費用相場について解説します。40坪の注文住宅の建てようと考えている人はぜひ参考にしてください。

40坪ってどのくらいの広さ?

「40坪」と聞いただけでは、どのくらいの広さかイメージできない人もいるはずです。そこで、40坪の広さについて解説します。

1坪は畳にすると2畳分になるため、40坪は畳80枚分の広さです。40坪を平米で表すと、約132平米(㎡)になります。バレーボールのコートの広さが162平米ですので、132平米の40坪はそれよりも一回り小さいサイズです。

さらにイメージしやすいように、住宅の面積に当てはめて考えてみましょう。

国土交通省の「住 生活基本計画(全国計画)における誘導居住面積水準及び最低居住面積水準」によると、1人に最低限必要な面積は9坪です。ここから計算すると、40坪÷9坪は5人となるので、40坪の住宅は4~5人が暮らせる広さなります。

40坪の広さがあれば、子どもが増えたり親と同居することになったりと、ライフステージの変化にも対応できる住宅が建てられるでしょう。

40坪だとどんな間取りが可能?

暮らしやすい住宅にするためには、間取りをしっかりと考えることが大切です。そこで、40坪の住宅ではどんな間取りが可能なのか解説します。

40坪の住宅は3~5LDKの間取りに対応可能です。40坪あれば、ほぼ希望通りの間取りがとれるでしょう。広いリビングにしたり、収納スペースを増やしたり、書斎や趣味の部屋をつくったりと、家族構成やライフスタイルに合わせて自由に設計できます。

ただし、広い部屋が良いとは限りません。例えば、広いキッチンをつくっても、使い勝手が悪ければ家事がしづらくなります。間取りを考えるときは広さだけを重視するのではなく、室内でどのように動くのか生活動線もチェックしておきましょう。

また、どのような間取りにもメリット・デメリットが存在します。例えば、リビングを広くすれば他の部屋が狭くなりますし、大きな窓をつければ開放感がありますが断熱性は低くなるのです。

そのため、間取りを考えるときは、「どんな生活がしたいのか」を考えてください。そうすればデメリットがあっても、家族全員が満足できる住宅になるはずです。「子供部屋は2つほしい」「趣味のグッズを置きたい」「夫婦2人で料理できるキッチンがいい」など、家族全員の要望を聞いてみましょう。

さらに、その要望の中から優先順位を決めることが重要です。優先順位が決まれば、間取りも決めやすくなります。また、家族の考えを整理して設計士に伝えることで、納得のいく間取りが叶うでしょう。

40坪の注文住宅を建てた際の費用相場

住宅を建てるときに一番心配になるのが、費用ではないでしょうか。そこで、40坪の注文住宅の費用相場について解説します。

40坪の注文住宅の建築費用は、2,500~3,500万円が相場です。40坪の住宅では、どんなにコストを抑えても2,000万円を切ることは難しいでしょう。

しかし、コストを抑える方法がないわけではありません。注文住宅の建築費用を抑えるポイントは7つあります。

まず1つ目は、外観と間取りをシンプルにすることです。複雑な形にするとその分費用がかかるので、できるだけシンプルになるように考えましょう。間取りは細かく区切るよりも、大きな空間を作って必要に応じて区切ると費用が安く済みます。

2つ目は、水回りをできるだけ近くに設置することです。お風呂などの水回りはまとめると、工事費用やメンテナンス費用が抑えられるのでコストダウンにつながります。

3つ目は、設備や素材グレードを見直すことです。キッチンや照明などの設備や、木材などの素材は、グレードによって数十万円もの差があります。全てグレードの高いものを選ぶ必要はないはずですので、本当に必要なものだけにお金をかけるようにしましょう。

4つ目は、和室をつくらないことです。和室に使う仕上げ素材は、どうしても洋室よりも高くなります。こだわりがないなら、和室をつくらない方がコストを下げられるので参考にしてください。

5つ目は、延床面積を少なくすることです。延床面積が大きいほど建築費用も高くなります。2階の一部をバルコニーにするなど、延床面積を減らす方法も考えてみましょう。

6つ目は、収納をシンプルにすることです。家具仕様のクローゼットよりも、室内を区切って使えるウォークインクローゼットや、扉をつけないオープン収納にすると費用が抑えられます。

7つ目は、複数の建築業者から依頼先を選ぶことです。同じ条件でも、工務店やハウスメーカー、設計事務所など建築業者によって建築費用が異なります。費用を抑えるためにも、複数の建築業者からプランと見積もりを出してもらうようにしましょう。

まとめ

40坪の住宅には家族でゆったりと暮らせる広さがありますし、家族構成やライフスタイルに合わせてさまざまな間取りにできます。

しかし、費用をかけて和室や書斎、収納スペースなどをつくっても、実際の生活の中で活用できなければ意味がありません。

理想通りの住宅にするためには、自身や家族のニーズと会った家づくりをすることが大切です。注文住宅を建てる際には必ず「どのような住宅で、どんな生活がしたいのか」を考えておきましょう。