【2021年01月更新】ウィズホームの坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページではウィズホームの坪単価に関する情報を掲載しています。

ウィズホームの概要

ウィズホームは福岡県古賀市に拠点を構える注文住宅会社です。古賀市・福津市・新宮町・宗像市・福岡市東区を中心に、福岡県全域が対応エリアとなっています。社名である「ウィズホーム」の「with」はお客様といっしょになるという気持ちが込められており、「お客様と一緒の気持ちで造る感動の家づくり」という想いを大切にしています。

ウィズホームの坪単価

ウィズホームの坪単価は55万~65万円程度となっています。

ウィズホームは地域密着型の工務店です。工務店の坪単価は業者や地域などによってもバラバラですが、大体50万円~が平均的な金額となっているため、ウィズホームは平均的な坪単価の範囲内と言えるでしょう。

全国展開のハウスメーカーや工務店では、人件費や広告費(テレビCM、雑誌・ネット広告、各地域のモデルハウス運営など)がかかる分コストも高くなる傾向があります。
一方地域密着型の工務店では、少人数制での運営を行ったり大規模な宣伝は不要であるため、その分無駄なコストがかかりません。
ただし、全国展開のハウスメーカーや工務店では、建材や設備などの仕入れを大量に行うことでコストダウンを図ることも多いため、その点では地域密着型の工務店より有利です。
その点、ウィズホームではジャーブネット(JAHBnet)という最大規模の住宅供給団体に加入し、共同一括仕入れを行うことでコストダウンできる仕組みを取り入れています。

坪単価は、家の広さや建材、工法、設備を変えてコストをおさえるのが手っ取り早いですが、業者がどれだけコストダウンの対策を行っているかも注目してみると良いでしょう。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

メーカーの特徴

様々な工夫をこらした平屋住宅

ホームページの施工事例を確認したところ、平屋住宅の実例が多く掲載されていました。
採光や風通しにこだわった家、DIYが楽しめる家、家事動線を考慮した家など、住む人のライフスタイルや趣味・趣向、要望などに合わせた様々な平屋を提供しています。
二階建てなど平屋以外の住宅にももちろん対応しているので、どんな形態の住宅が合うかまずは相談してみてくださいね。

完全自由設計

ウィズホームでは「完全自由設計」の注文住宅を提供しています。
ある程度規格が決まっているセミオーダーの住宅とは違い、間取りやデザイン、設備などが自由に決められるため、理想のマイホームをつくることができます。

工務店の特徴と弱点をカバーした体制

ウィズホームでは、工務店の特徴を活かしつつ弱点をカバーできるような体制を整えています。
地域に密着している工務店では、なにかしらトラブルがあった際はすぐに駆け付けてくれることが多く安心感があります。
家づくりもハウスメーカーを通さず直接要望を伝えることができため、より自由なプランニングや設計が可能という特徴があります。

仕入れに関しては大量に発注するハウスメーカーの方がコストダウンしやすいですが、さきほどご紹介したしたように、ウィズホームではジャーブネット(JAHBnet)加入することで共同一括仕入れができるので、その点もカバーできています。
また、アフターサービスに関してはハウスメーカーの方が充実しているところが多いですが、ウィズホームでは保証制度も導入しているため、引き渡し後も安心です。

土地探しから相談OK

設計・施工だけでなく、土地探しから相談することができます
地域密着ならではの独自ルートから、希望に合った土地を提供してもらうことができます。

家の性能

ウィズホームの家の性能についてはどうでしょうか。

“超”高気密・高断熱

住む人の健康を第一に、ウィズホームでは“超”高気密・高断熱の家づくりにこだわっています。
家の中から屋外へ逃げてしまう熱を極力防ぐため、「樹脂フレーム窓」や複数ガラスを使用した「トリプルガラス」を採用しています。

樹脂フレームはアルミフレームに比べて熱伝導率が約1000分の1と断熱性に優れ、結露を防ぐ効果もあります。
トリプルガラスは内・外の2枚をLow-Eガラスで構成し、中空層幅を広く取ることで断熱性を高めたガラスです。Low-Eガラスは熱を吸収・反射する性能に優れているため、夏は屋外の熱い空気を逃がし、冬は暖房の熱を室内に放出する効果があります。

この“超”高気密・高断熱の住宅は「ZEH(ゼッチ)」基準を上回る性能となっています。
ZEHとは、「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」使うエネルギーをおさえ、太陽光発電などでエネルギーをつくり、年間の一次消費エネルギー(空調・給湯・照明・換気)の収支をゼロにすることができる住宅です。
ZEHと認定されるには断熱性や気密性などで一定の基準を満たす必要があり、高い性能が求められます。

換気性能にもこだわり

高断熱・高気密な家は換気性能も重視する必要があります。
ウィズホームでは、快適で省エネ性能の高い「第1種換気」を採用し、外の寒い空気や熱い空気を調整して室内に取り込む仕組みを取り入れています。
取り込んだ空気は高性能フィルターを通して汚染物質をろ過しているため、常にきれいな空気が循環します。

地震に強い家づくり

日本で広く使われている「木造軸組工法」でさらに耐久性を高めるため、金物による接合をプラスした工法を採用しています。
従来の木造軸組工法では、柱や梁の接合部分を継手と呼ばれる手法で繋いでいますが、結合部分を大きく削る必要があり、地震の際はその部分が弱点となることがあります。そこで、金物を使って木材の欠損をなくし強度を高めることで、耐久性のある家づくりを実現しています。

また、最大70%揺れを低減させることができる「制振装置」を標準採用することで、制震性能にも優れています。
この制振装置は、自動者のブレーキと同じような原理で、一定の力を超えると摩擦材が滑り出し、熱に変えることでエネルギーを吸収する仕組みになっています。
余震などで繰り返し起こる揺れにも強いのが特徴です。

長期優良住宅の基準を超える性能

ウィズホームの住宅は、「長期優良住宅」の基準を超える耐震性・耐久性を誇っています。
「長期優良住宅」とは、耐震性や耐久性のほかに、維持管理のしやすさや劣化対策、省エネルギー性能といった様々な項目で、一定基準を満たしていると国から認定された家のことです。地震などの災害に強く長寿命な家というだけでなく、税金の軽減や補助金の支給、地震保険の割引といった様々な優遇を受けられるというメリットがあります。

ウィズホームを選ぶメリット

コスト削減のための体制

ウィズホームでは、無駄なコストを省き適正な価格で注文住宅を提供するための体制を整えています。

具体的には、下記3つの体制でコスト削減を実現しています。
・仲介業者を挟まない直接施工
・ジャーブネット(JAHBnet)に加盟し資材や設備を一括で仕入れる
・少数精鋭で運営するすることで人件費をカット

60年の長期保証

高性能なウィズホームの住宅は、しっかりとメンテナンスを行えば60年以上住み続けることができます。
引き渡し後、1か月・1年・2年・5年・10年点検までが無償保証になりますが、10年点検後に有償工事を実施すると保証期間を10年延長することができます。
延長したあとは点検後の有償工事を実施することで再度10年後まで保証期間が延長し、最長60年までが保証期間となります。

フラット35の利用もOK

フラット35を利用するには様々な条件がありますが、ウィズホームの住宅はそちらもクリアしています。
フラット35は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する、最長35年の全期間固定金利住宅ローンです。住宅ローンの利用を開始すると同時に返済終了までの借入金利と返済額が確定するため、資金計画が立てやすいというメリットがあります。

ウィズホームのデメリット

時間や手間をかけたくない場合は合わない可能性あり

一般的に、ハウスメーカーでは施工の流れが効率化されているため、完成までの期間が短いことが多いです。
設計に関しても工務店では自由な分できあがるまでに時間や手間もかかりやすく、施工期間もある程度規格が決まっている住宅より長期化しやすい傾向にあります。
したがって、時間や手間をかけず、ある程度安定した設計・デザインの家を求める場合はハウスメーカーの方が合っているかもしれません
業者によって特色は様々なので、根気強くぴったりの業者を探してみてくださいね。

会社情報

会社名 ウィズホーム株式会社
ブランド名 ウィズホーム
本社住所 〒811-3113
福岡県古賀市千鳥1-2-7
創業 2018年8月13日
資本金 500万円
従業員数 18名
HP https://withhome.co.jp/

この会社の対応エリア

福岡県


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク