【2021年01月更新】イゼッチハウス北海道の坪単価はいくら?特徴やメリット・デメリットも詳しく解説!

こちらのページではイゼッチハウス北海道の坪単価に関する情報を掲載しています。

イゼッチハウス北海道の概要

イゼッチハウス北海道は、北海道札幌市に拠点を構える注文住宅会社です。施工も札幌市近郊で主に対応しており、「光熱費ゼロ生活」を目指した家づくりを行っています。「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」といって、断熱性・気密性を向上させて太陽光発電などを活用し、消費エネルギーよりも創るエネルギーを大きくした住宅の普及に力を入れています。

イゼッチハウス北海道の坪単価

イゼッチハウス北海道の坪単価は55万~65万円程度となっています。

一般的なハウスメーカーと比較すると、平均~少々高めの金額と言えます。

冒頭でご紹介したように、イゼッチハウス北海道では「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」という高断熱・高気密な家づくりに力を入れています。
ZEHと認定されるにはUA値(屋外にどれだけ熱が逃げるか)などの項目でいくつか基準を満たす必要があり、北海道の気候ではさらに厳しい基準値をクリアしなければいけません。
また、HEMS(ヘムス、ホーム エネルギー マネジメント システム)というエネルギーを節約したり見える化するための監視システムや太陽光発電システムの導入も必要になります。
構造や工法にこだわった家づくり+太陽光発電の搭載という条件から、一般的な住宅よりも建築費用が高くなりやすい傾向があります。

ただし、住み始めてからは光熱費が大幅に削減できるというメリットがあるので、将来的にはZEHの方が節約に繋がる可能性があります。

坪単価でハウスメーカーを選ぶのは危険!?

注文住宅の検討方法として、坪単価でハウスメーカーを選ぶことはおすすめしません。安く建てた家は安いなりの理由があります。例えば、耐用年数が低く、20年~30年で建て替えが必要になり、建て替え費用として3,000万円かかってしまうケースが考えられます。

ハウスメーカー選びでは、失敗しないためのポイントをしっかり理解して、コスト以外に機能面などトータル的に比較した上で選ぶ必要があります。失敗しないためのポイントについては、下記にまとめていますので参考にしてみてください。

ハウスメーカー選びで失敗しないためのポイント

「フルゼッチ【F・ZEH】」「ブラックゼッチ【B・ZEH】」の家

イゼッチハウス北海道では、太陽光発電搭載の「フルゼッチ【F・ZEH】」と災害時の大停電でも困らない「ブラックゼッチ【B・ZEH】」の家を提供しています。
それぞれの住宅の特徴や性能についてご紹介します。

フルゼッチ【F・ZEH】

イゼッチハウス北海道では「レディゼッチの家」を標準仕様としています。この「レディゼッチの家」は、UA値0.25(Q値0.9)以下、C値0.5以下(※)と、札幌版次世代住宅基準「スタンダードレベル」に相当する高い省エネ性能を誇っています。
※UA値=熱がどれだけ逃げやすいか、Q値=熱がどれだけ逃げにくいか、C値=家にどれだけ隙間があるか

「フルゼッチ【F・ZEH】」は、この「レディゼッチの家」の住宅性能に太陽光発電をプラスした住宅となっています。トータル7kW以上の太陽光パネルの設置を標準仕様とし、立地や気候などに左右されるものの年間18万円ほどの売電収入が見込めます。
この金額は「レディゼッチの家」の標準仕様で建てた住宅で、標準的な生活をした際の光熱費と同じくらいの金額になります。したがって、生活が不便になったり暖房を我慢するなど無理に節約することなく、快適な生活を送りながら光熱費ゼロ生活を実現できる住宅となっています。

上記は計算上の金額になるため、本当に光熱費ゼロになるか不安に思う方も多いですよね。
イゼッチハウス北海道では、新築後2年間にわたり光熱費ゼロの保証制度を導入しており、創エネによる売電収入が光熱費負担を下回った場合、差額を保証してもらうことができます。
天候によってどれほど創エネに差が出るのか、どの程度使えば光熱費を下回らずにすむのかなど、保証期間の間に自然となじんでいくでしょう。

ブラックゼッチ【B・ZEH】

先にご紹介した「フルゼッチ【F・ZEH】」からさらに進化した住宅が「ブラックゼッチ【B・ZEH】」です。

胆振東部地震では震度7の地震が起こり、北海道全域で約2日間に渡る停電“ブラックアウト”が発生しました。
「ブラックゼッチ【B・ZEH】」は、そんな「ブラックアウト」に強い住宅となっています。

太陽光発電でつくったエネルギーを蓄電池に蓄えて電力を使用するため、発電できない夜間でも優先度の高い家電・照明などの電力に使うことができます。
災害による停電などの際も蓄電池に蓄えた電力を照明や料理に使うことができ、日中には同時に太陽光発電が利用できます。
また、日ごろから深夜の安い電力を蓄電池に蓄えておき、電気代が高くなる日中に使って節約するといった使い方も可能となっています。

災害はいつ何時起こるかわかりません。電力は生活していく上で必要不可欠なものなので、自分と家族を守るためにも太陽光発電+蓄電池を備えた住宅はとても魅力的ですね。

イゼッチハウス北海道の施工事例

イゼッチハウス北海道の施工事例をご紹介します。

光熱費ゼロ実現&停電でも家電が使える家

ゼロのイメージ
https://zeh.jp/

札幌市手稲区にあるこちらの家は「フルゼッチ【F・ZEH】」の家です。
断熱性・気密性が高い住宅と太陽光発電による創エネで、年間の光熱費実質プラスマイナスゼロを実現しています。屋根の上には6KWのソーラーパネルを搭載しています。

発電した電力を北海道電力に売る「売電」ですが、2018年の実績で「4月:1万9657円」「8月:1万5185円」「9月:1万6736円」と
天候によるバラつきはあるものの、年間で20万円ほど見込める金額となっています。
対してかかった光熱費は「4月:8076円」「8月:3744円」「9月:4170円」と売電収入の方が上回る結果になっています。

1月、2月は入居して間もなく売電の手続きが完了していない、かつ暖房代がかかる冬の時期でしたが「1月:2万3884円」「2月:2万2493円」と2万円台前半におさえられています。
通年で光熱費の収支は算出できていませんが、それでも年間の光熱費よりも売電収入が上回る結果となりました。

2018年にあった胆振東部地震の大停電の際は、太陽光パネルによる自家発電でご飯を炊いたり、懐中電灯やモバイルバッテリー、スマホの充電、冷蔵庫の使用、熱帯魚を飼育している水槽のエアレーションや濾過装置に使う電気なども賄えています。
また、エコキュート(大気の熱を利用してお湯を沸かす給湯システム)を導入しており、72度460リットルのお湯がタンクにストックされている状態なので、電気だけでなくお湯も問題なく使えています。

光熱費を0にするだけでなく、災害や停電のときも自家発電で電気が使えるのは「フルゼッチ【F・ZEH】」の大きなメリットですね。

平屋で建てたあたたかな住まい

平屋のイメージ
https://zeh.jp/

こちらの家は「平屋」「あたたかい家」という希望で建築された住宅です。

イゼッチハウス北海道の「ホット床システム」といって、土間コンクリートに熱を蓄え、床暖房のように床からあたたかさが伝わる構造を取り入れています。
あんしん融雪システム」では、暖房の余剰熱を使って、カーポート(簡易車庫)の除雪を助けています。

内装は、LDKと7畳の洋室をつなげた広々とした空間に、対面式のキッチンを設置。ゆとりをもたせるため、リビングからユーティリティへ続く廊下は標準より10センチほど幅広く、トイレやバスルームも通常より0.25畳大きくつくりました。
開放的な空間にこだわった平屋住宅ですが、トータルの光熱費が賃貸マンションに住んでいたときと変わらないほど住宅性能に優れた住まいとなっています。

モダンでスタイリッシュな「ブラックゼッチの家」

ブラックゼッチのイメージ
https://zeh.jp/

こちらはイゼッチハウス北海道の従業員が建てた住宅です。
築50年近い木造の中古住宅に住んでいましたが、胆振東部地震の大停電の際に小さな子どもを抱えて困ったことから「ブラックゼッチ」の家への建て替えを検討・実施しました。

家の外観は、フラットと片流れを組み合わせた個性的な屋根が特徴的で、太陽光パネルは傾斜のある屋根に取り付けています。土間蓄熱暖房を使用しているため、玄関からあたたかい空間が広がっています。
1階は寝室と子ども部屋があり、すべての部屋にウォークインクローゼットを設けたので収納もバッチリ。
「とにかく明るい家」という要望があり、リビングは2階に設計して、傾斜のある吹き抜けの天井にすることで広々とした空間になっています。
リビングの横に客間として使える和室と、その上には屋根裏スペースあり、子どもの遊び場や将来的には収納にも使えます。

家の性能

イゼッチハウス北海道の家の性能についてはどうでしょうか。

高断熱・高気密な住まい

イゼッチハウス北海道では、夏涼しく、冬あたたかい高断熱・高気密な家づくりを行っています。
「フルゼッチ【F・ZEH】」の章でご紹介したように、UA値0.25(Q値0.9)以下、C値0.5以下を標準仕様としており、省エネルギー基準よりも優れた数値を維持しています。
外壁は内外ダブル断熱を採用し、「ロックウール断熱材」「フェノールフォーム断熱材」の二重で断熱しています。
窓のサッシは断熱性や遮音性にも優れたLOW-Eトリプルガラス(アルゴンガス入り)を標準採用しています。
また、基礎(家の土台部分)は断熱材でサンドイッチ構造にし、24時間換気システムを採用することで換気口を設けず、冷気や虫の侵入を防ぎます。

イゼッチハウス北海道の住宅の断熱・気密性能は、札幌市の「札幌版次世代住宅基準」や、国土交通省が定めた第三者認証制度「BELS」(ベルス)でも高い水準であると認められています。

地震に強い「三本柱工法」を採用

イゼッチハウス北海道の住宅は、建物の四隅に柱を3本使用する「三本柱工法」という独自の施工方法を採用しています。
一般的な木造の住宅は建物の四隅を1本の柱で支えていますが、柱を強化することで耐震性がアップし、地震に強い家になります。
基礎と土台、柱と柱を固定金具にはゴムワッシャーを使用し、経年や地震の揺れなどによるゆるみを防ぎます。

高い耐火性能

イゼッチハウス北海道の住宅は「省令準耐火構造」が標準となっています。
「省令準耐火構造」とは、「建築基準法」で定める準耐火構造に準じる耐火性能がある構造のことで、「外部からの延焼防止」、「各室防火」、「他室への延焼遅延」など、火災に強い住宅となっています。
また、火災保険料が大幅に安くなるというメリットもあります。

土間蓄熱暖房(床ホットシステム)であたたかい家

土間蓄熱暖房(床ホットシステム) は、土間コンクリートにパイピング工事を施し、床下から直に伝わる熱と床ガラリから放出される熱で部屋全体をあたためることができるシステムです。断熱材でサンドイッチ構造にしているため、熱が逃げず効率よくあたためることができます。

雪庇(せっぴ)や屋根の雪に悩まないルーフヒーター

北海道では雪庇(せっぴ、風下方向にできる雪がせり出して固まったもの)や屋根に積もるの雪の除雪も大変ですよね。
イゼッチハウス北海道の住宅では、雪庇やつららの発生を抑制するルーフヒーターを搭載しているため、雪問題に悩むことなく快適に暮らすことができます。

さらにオプションとして、暖房の余剰熱を利用してロードヒーティング(地面の温度をあげて雪をとかす)する「あんしん融雪システム」を導入することもできます。

イゼッチハウス北海道を選ぶメリット

光熱費ゼロ&地球温暖化の抑制に貢献できる

消費エネルギー<創るエネルギーに特化したZEHは、光熱費ゼロ生活も実現可能となっています。
施工事例でご紹介したように、光熱費よりも売電収入を上回ることもあるでしょう。
また、太陽光など自然エネルギーを利用して電力をつくるシステムや、高気密・高断熱で暖房効率が良い住宅は、地球温暖化の抑制にも貢献することができます。

光熱費ゼロ生活のための支援が受けられる

光熱費ゼロ生活を実現するため、イゼッチハウス北海道では下記の支援を行っています。
・光熱費ゼロを2年間保証(※フルゼッチの場合)
・太陽光発電システム導入費用のサポート
・住宅のメンテナンスに関する24時間相談対応

メンテナンス費用が安い

イゼッチハウス北海道では、10年、20年と定期的なメンテナンスの際にかかる費用を抑える施工を行っています。
たとえば、二重天井にすることで設備配管類のメンテナンスや交換が行いやすいようにする、耐久性の高い外壁素材ガルバリウムサイディングなどメンテナンス性が高い建材を採用するといった工夫があげられます。

イゼッチハウス北海道のデメリット

設計やデザインが合わない可能性がある

イゼッチハウス北海道の口コミを確認したところ、「設計がよくなかった」「デザインがイマイチ」といった書き込みが見受けられました。
ハウスメーカーによって設計やデザインは変わりますが、人によって合う・合わないは異なります。
まずはホームページの施工事例をチェックしたり、実際にモデルハウスに訪れてみるのも良いでしょう。

会社情報

会社名 イゼッチハウス北海道株式会社
ブランド名 イゼッチハウス北海道
本社住所 〒007-0843
北海道札幌市東区北43条東19丁目2-2  大洋ビル2F
創業 2002年2月
資本金 3500万円
従業員数 23人
HP https://zeh.jp/

この会社の対応エリア

北海道(札幌市近郊、砂川、余市、千歳)


ハウスメーカー選びを失敗しないためのポイント

注文住宅の比較検討

注文住宅を建てる際に依頼するハウスメーカーや工務店は全国で1000社以上存在します。その中には、いわゆる欠陥住宅を建ててしまう会社も存在します。多くの人にとって注文住宅は人生で1度きりの大きな買い物。『何千万円をかけて建てた夢のマイホームが欠陥住宅でした』では人生の取返しがつかなくなってしまうかもしれません。

そんなハウスメーカー選びで失敗しないために絶対におこなうべきことは、複数の業者を比較検討することです。

業者ごとに、費用、施工方法、建材、可能なデザインなど全く異なります。ホームページなどの情報を見て、一発で自分の希望に沿えるハウスメーカーを見つけることはとても難しいです。まずは複数の業者から見積もりや間取り設計を貰うことで、自分の理想を実現できそうなハウスメーカーをピックアップすることができます。

ただし一社ずつ自分で見積もり相談をすると、大変な労力と時間を使うことになってしまいます。複数の業者比較は、タウンライフやライフルホームズなどの一括見積りサイト使うと簡単に比較することができるので、それらを利用すべきです。

一括見積りサービスをおこなっているサイトは以下のものがあります。

タウンライフで注文住宅の一括資料請求
タウンライフ
タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求
持ち家計画

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。

スーモで注文住宅の一括資料請求
SUUMO(スーモ)

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求
ハウジングバザール

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

タウンライフ

タウンライフで注文住宅の一括資料請求

タウンライフは注文住宅会社の無料で一括資料請求をできるサービスです。タウンライフの特徴として、請求できるものが注文住宅会社のカタログのみならず、あなた専用の「間取りプラン」や「見積もり」まで貰うことができます。掲載されている会社はタウンライフが定めた厳格な基準をクリアしている600社となっているので、安心して依頼することができるでしょう。
LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

ライフルホームズで注文住宅会社の一括資料請求

ライフルホームズは注文住宅会社の最新カタログを一括請求することができるサービスです。注文住宅会社の掲載社数が多く、それぞれの会社の特徴などをサイト内で調べた上で、どこの会社のカタログ請求をするか決めることができます。利用者数も多く、注文住宅会社の一括資料請求するのに人気のサービスです。
持ち家計画

持ち家計画で注文住宅の一括資料請求

持ち家計画は注文住宅会社の最新カタログを一括請求できるサービスです。また、その中で気に入った会社に間取り相談や展示場の見学を行うことができます。持ち家計画を利用してハウスメーカーや工務店に相談・見学をおこなうと、2000円分のギフト券プレゼントなどキャンペーンにも注目です。
SUUMO(スーモ)

スーモで注文住宅の一括資料請求

SUUMO(スーモ)はリクルートグループが運営する大手の住宅ポータルサイトです。SUUMOの特徴としては、注文住宅会社の掲載社数が多く、サイト内で「建築事例」「参考価格」などを見ることができるので、注文住宅会社についてある程度自分で調べてからカタログ請求したいという方におすすめです。
ハウジングバザール

ハウジングバザールで工務店の一括資料請求

ハウジングバザールは工務店の見積もり提案書を一括請求することができるサービスです。他のサイトと異なり、資料請求できるのは工務店のみに絞っています。地域密着型の工務店を探している方におすすめです。

一括見積りサイトは複数あり、どのサイトも一長一短があるので、どのサイトを利用すれば良いのかも迷ってしまうでしょう。そんな方のために、それぞれのサイトの特徴と、どのサイトを利用すべきかをあなたの現在の検討段階に合わせてご紹介しているので、詳しくは下記のページをご覧ください。

 

一括見積りサイトの比較ページへのリンク